京都右往左往

京都で彷徨っている

写真

初の親子二人旅はシンカリオンの聖地・大宮鉄道博物館へ

春休み。 そう、春休みの記事。少しずつ書いてはいたものの、他の記事の更新に埋もれていた春休みの記事を今更書いている。そんな事を言ったら昨年11月に鎌倉の海を撮った記事も完成間近で放置してあるんだけれど、それはまたおいおい。 そんな訳で春休み…

MOA美術館 井上涼展でびじゅチューン!の世界に触れた

8月。 子供は絶賛夏休み中。 今年は親が長期の休みを取りづらかったので、日帰りで熱海へ行ってきた。京都からひかりに乗り、途中の停車駅は名古屋、浜松、静岡。熱海まで約2時間。 早い。 駅の改札を出ると足元には大きな広告。今回の旅のお目当て、MOA美…

令和元年祇園祭還幸祭

一ヶ月に渡って様々な行事が行われた祇園祭も今日が最終日。 そんな祇園祭、24日はここ数年毎年のように行っている還幸祭へ向かった。 305f.hateblo.jp 例年は夜に寺町通を御池から下がってくる西御座神輿を寺町三条あたりで迎えるのだけれど、今年は家を…

令和元年 祇園祭神幸祭

この記事をアップする頃にはもう還幸祭が始まっている頃かと思いますが、1週間前・17日の神幸祭の記事。 例年は夜の四条河原町~御旅所あたりを撮影に行くのだけれど、今年は都合がついたので初めて祇園石段下へ。 とはいえ仕事が終わって駆けつけたので…

令和元年祇園祭宵々山

今年は7月になっても涼しい日が多く、本当に変な感じな祇園祭の京都。 気候的には見物がしやすくていいのだけれど、やはりちょっと違和感もありつつの宵山。 例年のように人出が多くなる午前中から家族で街へ出て、子供の希望で鶏鉾に上ったり、月鉾、綾傘…

梅雨の合間のひとり旅、明智鉄道明智駅周辺を散策

明智鉄道、岩村駅から再び列車に乗り、やってきたのは終点明智駅。 305f.hateblo.jp 終着駅の静かな佇まいも、この周辺は観光地化されているので幟旗などが賑やか。 駅からすぐの町なかは、日本大正村といって大正時代の建物を保存していたりして町並み散策…

梅雨の合間のひとり旅、明智鉄道岩村駅から城下町の町並みを散策

中央本線の恵那駅から明智鉄道に乗り、途中の岩村駅で下車をした。 305f.hateblo.jp 岩村駅から徒歩すぐで、城下町の街並みが現れる。この先に岩村城という山城があり、ここはその元に栄えた城下町の風情が色濃く残る街並み。岩村城というのは戦国時代女城主…

梅雨の合間のひとり旅、明智鉄道に初乗車

6月のある日、名古屋に行くついでにひとり旅をしてきた。 四日市に寄り道し、名古屋駅には9時59分着。 305f.hateblo.jp 朝から何も食べてなかったので、乗り換えついでに電車を1本遅らせて在来線ホームのきしめん屋「住よし」へ。店の外の券売機を眺め、冷…

梅雨の合間のひとり旅、四日市の駅前で明るい商店街こと三和商店街を見る

6月のある日、名古屋に行くついでにひとり旅をしてきた。 JRを草津線、関西線と乗り継ぎ、やってきたのは四日市駅。 305f.hateblo.jp 初めて降り立つJRの四日市駅前は、先ほどの亀山駅に輪をかけて閑散とした雰囲気。こちらの方が駅前ロータリーが広いの…

梅雨の合間のひとり旅、亀山駅で途中下車した

6月のある日。 夜に名古屋で用事があったので、せっかくだからと早朝に京都を出て、夜までの時間久しぶりの鉄道一人旅をしてきた。 まずは東海道線を東へ。 通常、京都から名古屋へ在来線で行くのなら米原~岐阜~名古屋と東海道線を使うところなのだけれど…

嵐電と紫陽花

6月。 この季節は各方面で江ノ電と紫陽花を絡めた写真を見る機会が多く、江ノ電好きの自分としては毎年のように撮りに行きたいなぁとも思うのだけれど、紫陽花シーズンの鎌倉の混雑ぶりたるや結構ななものだし、そもそも行っている時間も無いので・・・とい…

比叡山の休日

これは下界の桜の見頃もほぼ終わった4月半ばの事(相変わらず更新が遅くて順番が前後するブログである)。 比叡山ドライブウェイを上り、比叡山延暦寺へ向かった。 www.hieizan.or.jp 山の上の桜はまだまだこれからといったところ。 現在総本堂にあたる根本…

夕暮れの内浦湾を撮影

GWの記事の続き。 沼津市内浦あたりの、表通りから一本奥に入った道をブラブラと歩いていたら時刻はそろそろ日没時。 305f.hateblo.jp 内浦漁港の前を通り、三津海水浴場へ向かう。 三津海水浴場に着くと、丁度長井崎に日が沈むところ。 松濤館、長井崎、遊…

『安珠写真展 Invisible Kyoto ―目に見えぬ平安京―』を鑑賞してきました

日曜日、京都駅ビルにある美術館「えき」KYOTOで、写真家である安珠さんの写真展を見てきた。 『安珠写真展 Invisible Kyoto -目に見えぬ平安京』と名付けられた展覧会、公式サイトの説明によると 風水でいう四神相応に守られた平安京は、生と死が混在し、…

夕暮れの沼津市内浦 裏路地を歩く

ゴールデンウィーク、三島大社に行った後実家へ戻り家族を降ろし、私は独り内浦へ。 305f.hateblo.jp 夕暮れ迫る中、裏道を中心に歩く。 昼間はアニメファンをはじめ多くの人で賑わう界隈も、17時を回ったそれも裏通りは静かなもの。 この数年、こんなに人…

令和初の鉄道旅は快速修善寺号で三島大社へ

令和初の鉄道旅は伊豆箱根鉄道。 このゴールデンウィーク期間中に運行された「快速修善寺号」に乗ってきた。 通常伊豆箱根鉄道の駿豆線内は特急の踊り子号と、各駅停車の普通電車しか運行しないのだけれど、そこに特別に快速を走らせようという企画。 ・・・…

クレマチスの丘でのんびりとした休日を過ごす

今年もゴールデンウイークは妻の実家への帰省を兼ねて恒例の静岡伊豆旅行。 今回は期間中、特にどうしても行きたい場所や行きたいイベントもなく、さてどこへ行こうかと悩んだ時に、水族館方面も人が多いだろうし、ましてや沼津港は車も停められないくらいの…

滋賀の天孫神社で夜桜撮影

平成も終わるというのに、というのはあまり関係ないけれど、4月も終わるというのにまだ桜の記事である。 4月の9日は滋賀県大津市の天孫神社へ。 天孫神社というと、大津祭りを司る神社だったりはす向かいの写真屋さんに祖父がお世話になっていて私も何度…

大津市 琵琶湖疏水の桜

4月6日、土曜の夜。 子供が寝室に向かうのを見送り一人家を出る。 向かった先は大津市三井寺あたり。 折りしも三井寺は満開の桜のもと夜桜のライトアップが行われており、周辺のコインパーキングはどこも満車。 仕方なく一駅隣の浜大津にある市営駐車場に…

京都府庁旧本館で桜を見る

これは4月5日のこと。 外出先で少し時間ができたので、近くの京都府庁へ。 毎年恒例の観桜会を覗いてみた。 時間ができたので近くの○○でちょっと花見、なんていう事ができる場所がそこら中にある京都のありがたみは大人にならないと気づかなかったものであ…

桜満開の祇園白川(4月4日)

今年は例年に比べ桜の開花期間が長いようで、私自身もいつにも増して色々と撮り歩いた。 連日のように撮影とレタッチを中心にしていると、おのずとブログの更新が遅くなる訳で、今回は2週間ほど前、4日の夜に撮った祇園方面。 と、祇園に向かう前に木屋町…

桜満開の京都円山公園へ

日曜日(3月31日)、午前中醍醐寺で花見をしたあと帰宅して、夜にまたカメラを持って家を出る。 305f.hateblo.jp まず向かったのは古い街並みの中に枝垂桜が咲き、それを階段の上から見下ろせる定番撮影地ともいえる三年坂(産寧坂)・・・だったのだけれ…

桜満開の京都醍醐寺へ

各地で桜開花の便りが届いているものの、日中はともかく日が暮れるとまだまだ寒いここ数日。 今年の桜は長く楽しめるのだろうかな、などと思いつつ日曜日は家族で京都の醍醐寺に向かった。 有料拝観エリアの開く午前9時の少し前に到着したが、駐車場はほど…

京都・東山花灯路2019

京都の春の恒例行事となった東山花灯路。 元々は桜のシーズン前の(比較的)閑散期に客を呼び込むイベントとして始まったように記憶しているけれども、かれこれ10年くらい続いているのだろうか。 サザンオールスターズの原由子さんのソロ曲京都物語の歌詞…

八坂の塔周辺写真散歩

日曜日、少し時間ができたのでカメラ片手に散歩へでかけた。 散歩のスタートは八坂の塔から。夜に写真散歩でよく歩く場所なのだけれど、たまには昼間にも歩いてみようという趣向。 あまり昼間にこのあたりを歩く事はないので、開いている店がいちいち目新し…

京都ゑびす神社へ夜の散歩

年が明け、1月10日は各地のゑびす神社が十日ゑびすでにぎわう。 私の実家は商売をしているのだけれど、商売繁盛の祈願は毎年伏見稲荷大社へ初詣に行くのが恒例で、一方京都ゑびす神社への参拝はした事がなく、そのせいか私自身正確な神社の場所も最近にな…

数年前に旅した岳南電車の思い出

前回、正月に岳南電車の小旅行をした記事を書いたのだけれど、子連れで始発から終点までただ往復しただけの記事で、車内から撮った写真ばかりのあまり面白くないものだったので、数年前に一人でこの路線を撮った時の写真を引っ張り出してきた。 305f.hateblo…

新年初乗り鉄は岳南電車

2019年、新年の初乗り・初撮りは静岡県の義実家へ帰省した帰りに岳南電車へ立ち寄り。 正確にはこの前日に伊豆箱根鉄道にも乗っているんだけれど、あまり旅感も無かったのでこちらを初乗り鉄という事にしておく。 とはいえ、帰省の帰路の短時間、子連れ…

先斗町を歩いてイノダコーヒへ

師走・・・というかクリスマスイブの京都の街を、カメラ片手にブラブラ歩く。 三条から先斗町を南へ。 この通りは紅葉目当てから流れてきた観光客の姿も減り、比較的歩きやすくなった。 先斗町を抜け、こちらは師走とクリスマスの買い物客でごったがえす四条…

ふらっと伏見稲荷観光

おこしやす、ちとせちゃんという漫画がある。 おこしやす、ちとせちゃん(1) (BE・LOVEコミックス) 作者: 夏目靫子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ちとせちゃんという名前のペンギンが京都の…