読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都右往左往

京都で彷徨っている

11月に読んだ本・雑誌・漫画

今月も読書量少なく。

旅行やらIngressでちょいと動く事があったりしたからかしら。

という事で毎月のやついきます。

 

 

BRUTUS(ブルータス) 2016年 11/15 号 [漫才ブルータス]

BRUTUS(ブルータス) 2016年 11/15 号 [漫才ブルータス]

 

 毎年恒例の企画をルーチンワークで回してくる中で、時折こういうイレギュラーな企画を挟んでくるからあなどれない。

冒頭のみうらじゅんインタビューから唸ることしきり。

漫才の構造分析に関しては、関西以外から関西にやってきた我が相方が読めば漫才、そして「間」というものが分かってくるのではなかろうか。

あと、漫才台本の書き起こしが掲載されていたけれど、面白い漫才は文字で読んでも面白いんだ。

まあ1度見たことある漫才なので「間」を脳内補完できるからかもしれないんだけど

 

 

Meets Regional 2016年 12 月号 [雑誌]
 

 特集は日本酒クライマックス。

表紙が七本槍ですね。我が家にも先日購入した1本があるんだけど、なかなか開けるタイミングが無く。

そんなに量飲めないから720mlでも多いんだ・・・。

それはともかく、今回も連載目的で買ったようなところあるなぁ

 

 

 静岡ローカル漫画の2巻。

正直1巻の時は思ってたほど地元ネタがある感じも無く、継続購入はどうしようかなぁという感じだったのだけど、相方(静岡出身)が読みたいというので購入。

1巻よりは静岡ネタ増量した感じですかね

 

 

 

という感じで冒頭にも書いたとおり今月は(も)全然読めてないですね。

読んでる途中の物が本・雑誌・漫画各1冊づつくらいあるけど(併読派なのです)。

先日見たアメトーークの読書芸人の影響で読書欲は上っているので、来月はもう少し読みたいなとおもっているところ。

 

読書芸人といえば、本屋で1万円分大人買いとかいう企画をやっていましたね。

fiblio.hatenablog.com

 

1万円でなにが大人買いかと夫婦で見ながら2人揃ってツッコミ入れた訳ですが(苦笑)。

 

そういえばhontoで読書一生分のプレゼントってのもありましたね。

honto.jp

 

116万円分・・・。

30歳の人が少なく見積もって70歳まで生きるとして116万円÷40年=年2万9千円

アメトーークの企画より安いなこりゃ。

月2万9千円ならまだ分かるけど(笑)