読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都右往左往

京都で彷徨っている

4月に読んだ本・雑誌・漫画

<アサヒカメラ 2017年04月号>

特集は「京都の風情を撮り尽くす」。
風景ではなく風情というのがよいですね。
巻頭のグラビアの中に、私の地元の風景が載っていて、確かにその界隈では知られた(?)撮影地ではあるけれど、アサヒカメラの巻頭、それもその界隈ではないジャンルの写真に載るような撮影地なのかという驚きとともに見た。
「一本裏の京都スナップ散歩」の特集は個人的に嬉しい。
あと、昭和に撮られた京都の風景写真は資料価値も高い。
アサヒカメラ 2017年 04 月号 [雑誌]

アサヒカメラ 2017年 04 月号 [雑誌]

 

 

 

<鎌倉の地元遺産100>

長らく積んであったのだけれど、久しぶりに鎌倉に行くというので引っ張り出してきた。

地元民に調査をして地元に根差したいい店・いい場所などを紹介・・・と、ここまでは過去にも同じような企画があっただろうが、この本はあえて紹介地の住所連絡先地図を掲載しないというスタンス。

これは斬新かつ、とてもいい試みなんじゃないかと。

勿論他のガイドブックなどに既に掲載されている店も多くて、探すのはそんなに困難ではないけれど、ガイドブックに書いてある場所に行って書いてあるものを食べて載っている風景を同じ構図で写真に撮って・・・というつまらない旅をしている多くの観光客の姿勢に一石を投じているのではないかと勝手に解釈した。

鎌倉の地元遺産100

鎌倉の地元遺産100

 

 

 

 <『能町みね子のときめきサッカーうどんサポーター』、略して能サポ/能町みね子

氏がサッカー、それもカマタマーレ讃岐を追いかけているとはまったく知らなかった。

連載当初の彼女はサッカーに関しては素人だったので、試合レポとして読むものでもないし、かといってスタジアムの周辺模様を面白おかしく紹介しているかというと、ページ数の関係もありそれもちょっと物足りないかなぁ、と。

とはいえ、サッカー本大賞2017を受賞されて今度カマタマーレのスタジアムイベントでサイン会をするとの事で、これはサッカーファンしては先生に足を向けて眠れないのである(何?)。

ちなみに連載当初は清水エスパルスの試合も見に行かれていたようで、枝村のヒーローインタビューを軽く弄っておられるのに「あぁ・・・」と思ったり、作中に出てくるレッズ関係ない試合なのにわざわざ赤い服を着ていくレッズサポの編集氏に「あぁ・・・」と思ったり

 

 

 <DIVER2017年5月号>

海なんか潜らないのにね、表紙で買っちゃいますよね。

ラブライブサンシャインのキャスト3人の沼津案内目当てで買いましたが、本棚に置いていたら子供がダイビングで撮影された海の生き物の写真を眺めて喜んでいたのでまあよかったんじゃないかと。

DIVER 2017年 5月号  Special Edition

DIVER 2017年 5月号 Special Edition

 

 

 

<静岡Walker2017春夏号>

このテのウォーカームック久しぶりに買ったなぁ。

前述のDIVER誌に登場の三人がこちらにも登場という事で、たぶん同日にロケをしたんだろうけど、まあそうでなくても年に数回静岡県には滞在するので買ってみた。

とりあえずパノラマパークの近くにあるらしい朝日屋というところのしらす天ぶっかけそばというのがとても食べたい

静岡Walker2017春夏号 ウォーカームック

静岡Walker2017春夏号 ウォーカームック