読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都右往左往

京都で彷徨っている

Jabberwock galleryにて「ダゲレオタイム」オールドカメラとレトロレンズの写真展を鑑賞

京都 写真 写真展

先日の日曜日、昼間の数時間子供を相方が見ていてくれるという事だったので、お言葉に甘えて一人でおでかけ。

このところゆっくりギャラリー見に行く時間もなかなかないので、まずは五条通の新町を北に向かってすぐの所に車を停め、ブラブラと歩いて松原通を西に向かうとスグに現れるJabberwock galleryさんへ。

annjuliaannjerica.com

 

https://www.instagram.com/p/BMd6ye6gX9Q/

こちらではオールドカメラとレトロレンズの公募写真展「ダゲレオタイム」を開催中。

公募写真展という事で、出展者の中のお一人を偶然twitterでフォローしていた関係でこの写真展を知ったのですが、そもそもこのギャラリーの存在自体これまで存じておりませんで。

後でギャラリーの方にお尋ねしたところ、今年の4月にオープンしたとか。

存在感のあるNikonの文字がNikon党としてはいいですね*1

あと、お店の前に見えるのは自転車のスタンドでしょうか。

最近この形のサイクルスタンドをよく見るようになりました。お洒落。

 

ところでこの松原通、西へ歩いて堀川を越えると以前このブログでも取り上げたまるき製パン所なんかもあって、密集しているんじゃないんだけど住宅の合間に店舗が点在する商店街になっている通り。

美味しいパンを買いがてら覗きにも来れる立地ですね。

305f.hateblo.jp

 

 展示のほうは、オールドレンズもしくはレトロカメラ縛りとの事で、なんともいえない味わいの写真ばかり。

こういう縛りにすると、撮影時の空気感が一層感じられる写真ばかりな気がしました。

偶然でしょうが、鉄道・鉄道旅を連想される写真が数点あって、こういう写真はオールドレンズ・レトロカメラ特有の空気感がダイレクトに伝わってきていいなと思いました。

 

そういえばこういう、○cm×○cmに自由に展示できる形式の公募展に来るのは初めて。

決まったスペース内で自由な展示形式なので、ああこういう展示方法もあるのか、などと色々勉強にもなりました。

 

・・・自分が出展する予定もないんですどね(笑)

 

オールドレンズ・ライフ Vol.6 (玄光社MOOK)

オールドレンズ・ライフ Vol.6 (玄光社MOOK)

 

 

 

そういえば余談ですけど、丁度今黒沢清監督の映画「ダゲレオタイムの女」という作品が公開中ですね。

映画はあまり見ない人間なんで見に行く予定もないですけど、ちょっとした偶然ですね、ハイ

www.bitters.co.jp

*1:Nikon党といいながらオリンパスソニーに浮気しているワタシですが