京都右往左往

京都で彷徨っている

夏の伊根 海と舟屋と台湾茶

夏の盛り、京都府北部の伊根町へドライブした。

Googleマップの経路検索で自宅から2時間半くらいで着くだろうという目論見が、海へ向かう行楽客は思いのほか多く、京都縦貫道の片側1車線区間でずっと渋滞に遭遇し、着いた頃にはお昼前。

 

まずは道の駅舟屋の里にあるレストラン舟屋で鯛めしの昼食。

f:id:n_m_res:20200902143935j:plain

www.uminokyoto.jp

 

腹ごしらえを済ませたところで、高台にある道の駅から車を動かし、海の岸壁に作られた七面山駐車場に駐車。

 

以前来た時は海岸沿いに有料の駐車場は無かったように記憶しているんだけれど、あれから数年で整備されたようで、安心して停めるところができたのはありがたいばかり。

 

車を停めて、伊根の街並みを散策。

昔ながらの漁師町の風情、そしてなんといっても日本でここだけにしか無いといわれる舟屋群。

建物の1階がそのまま海と繋がっていて、漁船がそこから直接出入りできるという珍しい作りの建物が立ち並ぶ。

f:id:n_m_res:20200827104512j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104517j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104520j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104530j:plain

 

そんな伊根の舟屋の中の1軒に、台湾茶の専門店靑竈(チンザオ)さんがあった。

舟屋の1階、まさに舟が置かれているべき場所にテーブルがあり、海を間近に感じながら台湾茶を頂く事ができる。

f:id:n_m_res:20200827104644j:plain

 

まったくの下調べ無しに飛び込みで入ったところ、正直メニューも無く店主と相談で茶葉を決め、会計をするまで価格が分からないなど少々とっつきにくく感じるところもあるけれど、最初の提供と淹れ方の説明のあとはお店の方も店内の別の場所に引っ込まれて、海の音と鳥の鳴き声と、並びの舟屋に住んでいる家族の(主に子どもの)水遊びに興じる歓声を聞きながら、1時間近くポットのお湯が無くなるまで何煎も何煎も、その度に変わっている茶葉の味と風味を楽しみ、時折海辺に立って潮風を感じ、また椅子に戻ってお茶を飲む。

 

 実はこのあと天橋立舞鶴にも足を伸ばそうかとも思っていたのだけれど、ここで贅沢な時間を過ごしたので満足してしまった。

f:id:n_m_res:20200827104639j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104541j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20200827104546j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104631j:plain

 

たまにはこんな休日もいいんじゃない、と思いながら店をあとにする。

靑竈さんのお隣にあるのは伊根で唯一の酒蔵である向井酒造さん。

 

女性杜氏さんが頑張っておられる蔵だそうで、古代米を使った「伊根満開」というお酒をお土産に買いたかったんだけど、コロナの影響で当面こちらでの試飲と販売はお休みされているそうで残念。

f:id:n_m_res:20200827104650j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104806j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104809j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104851j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104856j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104904j:plain

 

f:id:n_m_res:20200827104908j:plain

 

長閑でのんびりとした夏の一日だった

惜別・西武大津店

西武大津店が閉店した。

f:id:n_m_res:20200831112302j:plain

www.lmaga.jp

 

私が生まれる前、父の家族は大津に住んでいて親戚も大津に多かったので、私が生まれてからも百貨店に行くとなれば京都市内の大丸や高島屋より大津の西武に行く事が多かった*1


当時は週末になれば周辺の道路も渋滞して本館併設の駐車場はいつも満車。
毎回連絡通路で結ばれた別館の駐車場に車を停めていた事を思い出す。

 

別館駐車場と本館を結ぶ連絡通路では、何故か訪れるたびに珍味の販売会をやっていたような記憶がある。
塩辛やスルメのしょっぱい匂いを潜り抜けて買物に向かう。
私が西武大津店を思うとき、真っ先に思い浮かぶのがあの珍味の香りなのだ。

 

親がお中元、お歳暮の品定めに行くのに連れて行っってもらった事もあるし、イベントホールで毎年のように開催されていた駅弁大会に行った記憶もある。

 

買い物が済むと、お楽しみはレストランでの食事。
6階7階がレストラン街で、そういえば祖父に連れられカウンターで寿司を板前さんに注文して食べるという体験を初めてしたのもここだった*2


正直その寿司屋以外は、何処でどんな料理を食べたかという記憶はあまり残っていないけれど、それよりも強烈な印象に残っているのはやはりバードパラダイス。

 

吹き抜けの1角に2フロアをぶち抜いて作られたガラス張りの中に、色んな鳥が放し飼いにされていた。

百貨店の中で鳥が飼われているというなんとも異空間な感じは今でも忘れられない。

 

広々とした吹き抜け空間を上から見下ろせる構造は、百貨店としては時代の先を行くデザインだったんではないかなと思う。

f:id:n_m_res:20200831112413j:plain

正面の緑の三角形の部分に南国風の植栽があって鳥がいた

 

デザインといえばその外観にも触れないわけにはいかない。
設計したのは菊竹清訓氏。


あまり建築については詳しくないので調べてみたところ、私が知っている建物だとエキスポタワーやパシフィックホテル茅ヶ崎などが氏の設計だそう。

エキスポタワーは茨木にあった親戚宅のベランダからその異様な風貌をよく眺めていたし、パシフィックホテル茅ヶ崎といえば私が大好きなサザンオールスターズの曲・ホテルパシフィックのモデルとなった場所。

この2つの建物は同じ建築家が設計したと言われれば、確かになるほどと気がつく意匠であると思う。

 

他にも、昨年訪れた静岡県長泉町にあるクレマチスの丘にある井上靖記念館ベルナール・ビュフェ美術館も氏の作品だと聞くと、俄然訪れたくもなる。

 

閉店後は取り壊されて跡地はマンションになる予定だそうで、あの特徴的な外階段も見納めと思うとカメラを向けずにはいられなかった。

f:id:n_m_res:20200831112246j:plain

 

f:id:n_m_res:20200831112257j:plain

 

f:id:n_m_res:20200831112300j:plain

 

f:id:n_m_res:20200831112410j:plain

 

f:id:n_m_res:20200831112415j:plain

 

成人してからは、地元京都のふたば書房がお洒落で意欲的な店舗を出店したので本を買いに行ったり、改装されて子供用品をメインに据えたフロアで買い物をしつつ巨大遊具で子供を遊ばせたりもした。
そう思うと、我が家は祖父母の代から子供まで4世代に渡ってお世話になったという事になる。

 

寂しいけれど、こういうものは栄枯盛衰で流行りがあれば廃れる時も来る。

正直跡地はマンションになるし、隣にあった大津パルコの跡もまったく魅力のないショッピングセンターになってしまったので当分このあたりに用事は無くなると思うけれど、この前の道は頻繁に通るし、すぐ近くの湖岸を散策する事もよくあるので、西武大津店の思い出は私の中で風化する事はないんだろうなと思っている

 

f:id:n_m_res:20200831112305j:plain

 

f:id:n_m_res:20200831112418j:plain

 f:id:n_m_res:20200831112307j:plain

*1:伊勢丹は当時まだ無かった

*2:名前もまだ覚えている。寿司田といった。まだチェーン店として各地にあるらしい

祇園祭期間中の京都を歩いて撮った(3)

これはとある7月の休日。

買物がてら一人三条方面へ出かけたものの、傘を持ってくるのを忘れたのに小雨が振り出したので足早に寺町のアーケードへ向かった。

 

一時よりも人出は戻ってきてる印象で、もうすぐ閉店するジャンポールエヴァンの前には人だかりができていたのが印象的

f:id:n_m_res:20200805145658j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145704j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145708j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145711j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145715j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145718j:plain

 

この日は24日だったので、最後に御旅所を参拝。

神輿の代わりに榊が祀られる。こんな光景今年だけでよい

f:id:n_m_res:20200805145840j:plain

 

参拝後、河原町から木屋町へ抜ける

f:id:n_m_res:20200805145842j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145846j:plain

 

更に先斗町

f:id:n_m_res:20200805145849j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145852j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145856j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145901j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145909j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145935j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805145939j:plain

 

猫も杓子もマスク姿

f:id:n_m_res:20200805145948j:plain

 

昼間店の開いている三条、寺町、新京極、四条、河原町界隈の人出はほどほどに戻っていたけれど、これまで昼間に店が開いていないにもかかわらず観光客で混みあっていた先斗町のひと気の無さが印象的であった

 

祇園祭期間中の京都を歩いて撮った(2)

7月某日、また家族3人で鉾町界隈を散歩。

 

f:id:n_m_res:20200805135845j:plain

 

大船鉾の町会所では2階に龍頭がお目見え

f:id:n_m_res:20200805135849j:plain

 

この時期、毎年のように手ぬぐいが家に増えている気がするけれど、今年もまた購入。

デザインが良かったので仕方がない

f:id:n_m_res:20200805135852j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805140056j:plain

 

こういう風景に祭りのあと感を感じるのである

f:id:n_m_res:20200805140057j:plain

 

提灯だけが寂しく並ぶ

f:id:n_m_res:20200805140100j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805140107j:plain

 

店のショーウインドーに並べられた模型でせめてもの巡行見物

f:id:n_m_res:20200805140110j:plain

 

午前11時とはいえ、小雨もパラつきいよいよ人の姿が見えなくなった

f:id:n_m_res:20200805140120j:plain

 

なんともいえない気分になります

f:id:n_m_res:20200805140124j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805140126j:plain

 

祇園祭期間中の京都を歩いて撮った(1)

あまり始まったという感じもしないままに終わってしまった今年の祇園祭

祭が終わると同時にやっと梅雨が明ける、そんないつもと違うこの7月は、何度か街に出てスナップをする機会があった。

 

まずは先日記事をアップした文博で祇園祭展を見た帰り、家族で錦市場の方へ散歩がてら寄り道。

305f.hateblo.jp

 

先を歩く妻と子供とはぐれないように町並みにカメラを向けていると、気がつけば全て同じような構図になっていた

f:id:n_m_res:20200805133517j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805133526j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805133529j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805133531j:plain

 

 

 また別の日、この日も家族で今度は八坂神社へ。

f:id:n_m_res:20200805134235j:plain

 

今から思えば長い長い梅雨の合間の貴重な青空

f:id:n_m_res:20200805134237j:plain

 

八坂神社は祇園祭期間中の日曜午後とは思えない人出

f:id:n_m_res:20200805134249j:plain

 

この日の目当ては本来四条寺町の御旅所に居るはずの神輿。

今年はこの境内を出る事無く、寂しい限り

f:id:n_m_res:20200805134439j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805134443j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805134446j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805134459j:plain

 

なにやら妻がカメラを向けていたので構図を真似して撮った1枚。

普段なら人が多くてこんな構図に気がつかなかったんじゃないだろうか

f:id:n_m_res:20200805134501j:plain

 

f:id:n_m_res:20200805134503j:plain

 

 

京都文化博物館でせめてもの祇園祭気分

今年はいつもと違う祇園祭
ここ数年、7月17日の夜は神幸祭の神輿を撮りに出かけてたので家にいるのは久しぶりで変な気分。

 

今年は山や鉾も建てられず、我が家に関しては粽もクラウドファンディングで本来巡行・神幸祭があった筈の日である17日に佐川急便で自宅に送られてくる始末。

www.makuake.com

f:id:n_m_res:20200720093605j:plain

 

 

そんな17日を自宅で過ごした翌18日。

自分の中であまりに祭り気分が無いのと、展示が良かったという評判を聞いたので京都文化博物館で開かれている「祇園祭●京都の夏を彩る祭礼●」展に出かけた。

f:id:n_m_res:20200720105703j:plain

 

f:id:n_m_res:20200720093615j:plain

 

この特別展、元々は今年の春頃開催予定だったのが新型コロナウイルスの影響で中止となり、本来ならその展示品はそれぞれの山や鉾の保存会など所有者に返却され実際の巡行や会所飾りに使われる筈だったところ、その後祇園祭山鉾巡行も中止になったのでその大半を引き続き借り受け期間を変更して展示されているというもの。


実際に使われていたり過去に使われていた飾りや資料が大量に一堂に会し、そして至近距離で鑑賞できる機会はそうそう無いのではないかと思う。

 

例えば懸装品の実物とその下書きである円山応挙の屏風が並んで見れたり、御神体の神面や神体人形、長刀鉾の稚児衣装が展示されてたり、細かい細工が施された山や鉾の金具がその技工を間近で観察できる距離に置かれていたり。

 

期せずしてこれを本来の祭り期間中である今見学できる有り難さを感じた。

 

大ボリュームの展示を見てまわり、昼食は博物館1階に降りて有喜屋さんでたぬき蕎麦を。
展示室の空調で微妙に冷えた体に嬉しい、夏でも時々食べたくなる京都の味

f:id:n_m_res:20200720093609j:plain

  

 

帰りは腹ごなしに錦市場へ寄り道。

アーケード内は休んでる店もチラホラありつつも、土曜にこれくらいならちょうどいいよね、というくらいの人出。

 

前が異常だったとは思うが、とはいえ数日前に錦を通った妻によると平日はヤバいくらいに人通りが無かったと言っていたので難しいところ。

f:id:n_m_res:20200720094235j:plain

 

f:id:n_m_res:20200720094226j:plain

 

木村鮮魚店さんで夕食用に刺身を買ったり、久しぶりに池鶴果実さんに寄って生絞りのスイカジュースなどを子供に買ってあげたり(ブルーベリートレインなるメニューが気になったけど、材料切れらしく残念)。 

f:id:n_m_res:20200720094231j:plain

 

これくらいの歩きやすさなら、またちょくちょく買物に来ようかなと思うし、鳥清さんの前を通った時に強烈に香ってきた照り焼きの匂いを嗅いでしまったので、次はそれを買おうと心に誓う。

 

 

翌日は八坂神社へ。

毎年目にしていた神輿を今年は見ないのもなんともいえない気分になるので、神輿庫に鎮座する神輿に参拝。

f:id:n_m_res:20200720094237j:plain

 

しかしこの時期、四条寺町の御旅所にあってこそだし、なんとも寂しげに見えた

 

 

祇園祭創始一一五〇年記念 祇園祭 温故知新

祇園祭創始一一五〇年記念 祇園祭 温故知新

  • 発売日: 2020/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
月刊京都2020年7月号[雑誌]

月刊京都2020年7月号[雑誌]

  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: 雑誌
 

 

紫陽花と新緑の京都大原三千院

しばらく自粛していましたが、6月からまだボチボチと近場に出かけては写真を撮っています。
今回は大原三千院

 

普段、いわゆる観光地に行く時は観光シーズンの時間と時期をずらして行くのですが、それにしてもここまで人の少ない参道は初めて。
緊急事態宣言も解除になったものの、まだ閉まっているお店もチラホラ。
これは休業が続いているのか閉店してしまったのか、判断の難しいところではあります。

f:id:n_m_res:20200708135757j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135802j:plain

 

途中参道を逸れて紫蘇畑へ。
ここは秋にはコスモス畑になっていた記憶が。そのころにもまた再訪したいところ。

f:id:n_m_res:20200708135806j:plain

 

梅雨の合間の晴れ間、青もみじや苔の深い緑に癒されながらの散策。

f:id:n_m_res:20200708135810j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135831j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135853j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135907j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135913j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135926j:plain

 

三千院境内は、それなりに訪問者がいましたが、とにかく団体客と外国のお客様がいないだけでなんと静かな事か。


10年前くらいまでは、時期を選べば京都でもこういった静かな風情が楽しめたという事を思い出しながらも、観光業を生業としている方にとってはこれから大変だなぁという思い。

f:id:n_m_res:20200708135936j:plain

 

境内ではそこらじゅうから蛙の鳴き声が。
よく見回すと木にモリアオガエルの卵がぶら下がっているのがそこかしこに見れます。

f:id:n_m_res:20200708135943j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708135950j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708140002j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708140012j:plain

 

そういえば当初の目的は紫陽花を見に行くつもりでここへ来たんでした。

f:id:n_m_res:20200708140020j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708140029j:plain

 

f:id:n_m_res:20200708140039j:plain