京都右往左往

京都で彷徨っている

マルサン書店仲見世店へ最後の訪問

正月以来約5ヵ月ぶりの沼津は駆け足で。

京都から始発の普通電車で米原米原からひかりで静岡、静岡から特急ふじかわで富士、富士から再び普通電車という、安さと速さを両方取ったような行程で午前9時過ぎに沼津着

 

駅前の仲見世商店街のアーケードを通ってやってきたのはマルサン書店仲見世店さん。

5月いっぱいで閉店するこのお店に訪問するにあたり、開店前のシャッターの姿も写真に収めたかったので可能な限り早く沼津に到着する行程を組んでみた

 

 

 

 

マルサン書店さんのシャッター・外観を撮影したあとは開店まで時間があったので仲見世商店街を更に進みます

 

 

やってきたのはマルサン書店さんより一足先に開店時間を迎えていたつじ写真館さん。
こちらでつじ写真館さん主催のフォトコンテストに応募

 

今回で6回目のこのフォトコンテスト、こちらのお店でプリントして応募する事が必要なので、沼津訪問のタイミングが合わないとなかなか参加できないのですが、久しぶりに応募することができました

 

 

応募を済ませ、初夏の陽気の中マルサン書店さんに戻ります。

 

アレなウイルスのせいで数年訪れていない間にアーケードが無くなった新仲見世商店街。
これはこれで開放的な感じになって、奥に見える仲見世商店街のアーケードが綺麗に見通せて個人的には好きな風景になった気がします

 

マルサン書店さんに戻ると丁度開店したところでした

 

元々3階まで売場があったお店ですが、数年前から段階的に縮小して現在売場は1階のみ。
昨今どこでも書店は厳しいという事は分かっていたので、どんどん売場面積がちいさくなるにつれ、こういう時が来る事を覚悟していた人も少なからずいたようです

 

 

前回私が訪問した時は3階まで売場がありましたが、子供を連れていたのもあってそんなに端から端まで見て回らなかった思い出

 

地味にこういう貼り紙に寂しさも増幅させられたり

 

2階にあがると、空っぽになった売場の前にラブライブサンシャインAqoursのスタンディが展示してありました

 

そしてスタンディの後ろには過去に沼津市とコラボしたものを中心としたAqoursのポスター達。
気がつけばポスターもかなりの数が作られたものですね

 

空っぽの本棚の上に掛かった「読書有真楽」。
ちょっと泣きそうになる光景ですけれども

 

マルサン書店仲見世店といえば、この昔ながらのエレベーターも見所

 

 

 

この先の予定もあるのに最後だからという事で6千円以上書籍を購入し外に出てきました

 

沼津生まれの宇佐美りん先生をお店を挙げて応援されていました

 

 

そんな感じで最後のマルサン書店仲見世店訪問。
正直自分自身にこの店自体への思い入れはそこまで無いにしても、良く通う街の地元の人に愛された書店が無くなるというのは本好き本屋好きとして居てもたってもいられず駆けつけた訳ですが、当日のツイートに軽く訪問した感想を書いた、店舗老朽化と再開発が直接の理由とはいえ、つくづく惜しまれる閉店だと思いました

 

 

マルサン書店さんを出て、仲見世商店街をあとに

 

沼津駅に戻り、慌しく次の目的地へ。


当初はこのまま沼津市内で1日ゆっくりしようと思っていたのですが、この数日前に急遽千葉の方へ行く用事ができてしまったので滞在わずか2時間の沼津訪問。
また近いうちに訪れられたらいいな

 

 

 

2020年2月の江ノ電沿線

毎年のように撮影に出かけていた鎌倉・江ノ電界隈。
前回行ったのが2020年2月、まだアレなウイルスの影響がここまで長期化すると思っている人も少なく、私もそんな一人だったと記憶しています。

今なら海外からの観光客もいなくて、静かな江ノ電沿線を訪れる事ができるんじゃないか、そんな安直な気持ちで京都からのぞみに乗った記録をやっと今頃書き出したのは、次の鎌倉訪問の予定が具体化してきたから。

という訳で2年前の静かだった江ノ電沿線の旅行記にお付き合いください。

 

訪れたのは2020年2月11日の祝日。
行く事を決めたのが直前だったので、いつも利用するEX早特やJR東海ツアーズなどの格安プランも利用できず、京都駅の券売機で新横浜まで自由席特急券を当日朝に買っての移動。

 

京都駅始発の6時14分発のぞみ200号自由席は今まで見たことが無いくらいガラガラ。
富士山の見えるE席に座ったものの、途中の名古屋駅で並びのA~D席に誰も乗ってこず、非常にゆったりとした旅路。

天気は快晴、車窓から見える富士山にも雲ひとつかかっていませんでした

f:id:n_m_res:20200222144605j:plain

 

2時間かからず新横浜に到着。
横浜線のホームにあった立ち食いそばでサッと朝食を済ませ、横浜駅横須賀線に乗り換えて鎌倉には9時8分着。
途中通過した北鎌倉の駅もガラガラに見えました。

 

一旦JR鎌倉駅の西口改札を出て、江ノ電の切符売場で一日乗車券「のりおりくん」購入。
9時12分の江ノ電藤沢行、502F+21F編成の502号車に乗車。
鎌倉駅出発時は車内の座席がさらっと埋まる程度の乗客も、長谷・極楽寺と停車する度にどんどん人は降りていって、稲村ヶ崎を過ぎる頃には車内はガラガラになり、ロングシートの向こうに海が見渡せるように。

f:id:n_m_res:20200222144608j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144612j:plain

 

以前このあたりを訪れた時に、

江ノ電の車内から車窓を撮る、という事を以前から一度やってみたいのだけれど、混雑する車内ではなかなか難しく実現した試しがない

と書いたのですが、期せずしてそれが実現した格好に

305f.hateblo.jp

 

車窓と空いた車内を堪能し、鎌倉高校前駅で下車。

スラムダンクの聖地として近年は観光客や外国人旅行客でごったがえしていた踏切がこの有様。

午前9時半という時間を考えても、にわかに信じがたい光景でありました。

f:id:n_m_res:20200222144619j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144625j:plain

 

ここから徒歩で七里ヶ浜駅の方へ戻ってみます。

峰が原信号所で502Fと1101Fの離合。

f:id:n_m_res:20200222144628j:plain

 

冬の澄んだ空気に富士山もクッキリ見えました。

f:id:n_m_res:20200222144632j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144640j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144645j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144710j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144714j:plain

 

七里ヶ浜駐車場近くの定番撮影ポイントで江ノ電を撮影したところで、今度はまた鎌倉高校前方面に少し戻り、七里ヶ浜高校へ続く坂道のところで撮影。

日中ここで人も車も被らずに撮影ができたのはあまり記憶が無いかも

f:id:n_m_res:20200222144718j:plain

 

ひとしきり江ノ電の撮影に満足したので134号線を渡って海岸へ。

と、丁度満ち潮で階段の下まで波が打ち寄せていたので砂浜に降りる事はできず。
海も富士山も相変わらず美しい

f:id:n_m_res:20200222144932j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144935j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222144938j:plain

 

七里ヶ浜の駅へ戻り、鎌倉行の江ノ電に乗車

f:id:n_m_res:20200222144942j:plain

 

2駅先の極楽寺で降りて、トンネルを絡めて江ノ電を撮影

f:id:n_m_res:20200222144956j:plain

 

そのまま極楽時坂切り通しを歩いて長谷方面へ。
御霊神社に久々に立ち寄りましたが、ここも人の姿はまばら。
このあと、聞く所によると境内の撮影が禁止になったそうで、こんな写真ももう撮れなくなったそうです

f:id:n_m_res:20200222145001j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222145014j:plain

 

 

境内の外からは大丈夫なので、次もこういうアングルで撮る事になるでしょうか

f:id:n_m_res:20200222145009j:plain

 

御霊神社をあとに、長谷駅方面へ歩きます。

鎌倉大仏高徳院)へ向かう道も、この人の少なさ。
少ないというか、いないと言った方が正しいか。

f:id:n_m_res:20200222145601j:plain

 

長谷駅から再び江ノ電藤沢行に乗車。

普段は買っても満員電車に乗るのを嫌って殆ど使わないのりおりくんを、ここぞとばかりに利用して行ったり来たり。

 

車窓から撮影した七里ヶ浜駐車場に行合橋、人も車も本当に少ない

f:id:n_m_res:20200222145606j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222145610j:plain

 

峰が原信号所の行き違いで305とすれ違い。

f:id:n_m_res:20200222145614j:plain

 

江ノ島駅で下車

f:id:n_m_res:20200222145621j:plain

 

江ノ島駅前のピコリーノは冬の装い。

f:id:n_m_res:20200222145625j:plain

 

こののち、江ノ電自転車ニキ事件現場となり一躍有名になった龍口寺の前から路面電車区間腰越駅まで歩きます(それにしてもwikiページまであるのか 江ノ電自転車ニキ - Wikipedia )

f:id:n_m_res:20200222150021j:plain

 

502F

f:id:n_m_res:20200222150028j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222145623j:plain

 

10F

f:id:n_m_res:20200222150003j:plain

 

305F
これだけ車も人も被らず撮れたのは幸運でした。

f:id:n_m_res:20200222150014j:plain

 

腰越駅まで一駅散歩。

f:id:n_m_res:20200222150036j:plain

 

腰越からは先ほど歩いている時に撮った藤沢行305-1001の折り返し鎌倉行に乗車。

f:id:n_m_res:20200222150054j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222150058j:plain

 

終点鎌倉で降りて、段葛の方へ。
時間もあまり無いので望遠レンズで鶴岡八幡宮を遥拝。
丁度この旅の直前に大河ドラマ・鎌倉殿の13人の製作発表が行われたのですが、この頃はあまりドラマを見ない人間なので「また鎌倉に人が増えるな・・・」程度の感想しか無かったものです

f:id:n_m_res:20200222150118j:plain

 

小町通は午後になって人出も増えてきましたけれど、それでも少なかった印象。

f:id:n_m_res:20200222150125j:plain

 

定番だけど、やっぱり買ってしまう鳩サブレをお土産に買って、14時38分の横須賀線で帰宅の途に。

f:id:n_m_res:20200222150129j:plain

 

f:id:n_m_res:20200222150135j:plain

 

朝に新横浜駅で立ち食いそばを食べて以降、結局飲まず食わずで歩き回り、昼食は帰りの新幹線でサンドイッチという有様。
折角鎌倉にいったんだからしらすとか海鮮とか食べたらいいものの、結局写真撮影に夢中になってしまった旅。

とにかく狙い通りに人の少ない江ノ電沿線を堪能できたのですが、これがこんなに長引くとは思いもせず。

次回訪れた時は人出も風景もどのように変わっているのか楽しみです

 

 

 

 

2022年京滋の桜と鉄道

桜の記事、最後は鉄道と絡めたものをまとめて。

 

まずは嵐電の有名な桜のトンネル。

ここは初めて行ったのですが、別件で近くを通った時にほんの少しだけの撮影だったので、来年はじっくり腰を据えて撮りたいなと思うところ

 

 

この1枚は日と場所を改めて撮ったもの。

既に葉桜になりかけていました

 

次は阪急西京極駅の大阪梅田方面ホームの河原町側端から。

ここも初めて撮ってみたのですが、桜と絡めようとするとなかなか難しい場所のようで

 

さくらHMが撮れたので良しとしましょう

 

最後は以前にも訪れた京阪石山坂本線三井寺駅付近。

こちらも葉桜になってしまっていました

 

三井寺の方を望遠で切り取ると、こちらは満開

 

 

そんな感じで、時期も遅くなりましたが今年の桜の記事のアップはこれにて終了。

お付き合いいただきありがとうございました

2022年京都・哲学の道で名残の桜

桜の記事もあと少し。

こうやってみると、時間が無いながらもなんだかんだいって沢山撮りに出かけていたようです。

 

この日は早朝から哲学の道へ。

もう桜はほぼ終わっていて普通にカメラ散歩のつもりでしたが、早速名残の桜を発見

 

疎水にかかる用水?の上に花筏

 

 

葉桜となった桜並木。

実は満開の哲学の道はまだ訪れたことが無かったりします。

来年は行けるといいな

 

 

法然院にも数年ぶりに立ち寄り

 

細い路地の奥に突然満開の桜が現れたりするから気が抜けない

 

 

 

 

先ほどの路地奥の桜に戻って真下から。

民家の庭先に、これは立派

 

 

2022年大津・天孫神社の夜桜

5月になってもまだ桜記事を書いている訳ですが、あと少し。

 

この日はお隣大津市天孫神社へ。

境内一杯の桜の木々がライトアップされますが、わざわざ観光客が来る場所でもなくゆっくりと夜桜を堪能できます

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしてもライトアップされた夜桜は撮るのもレタッチも難しい・・・
(撮影日 2022.3.31)

2022年京都・祇園の夜桜

5月になったというのに桜の記事。

この日は夜一人でいつもの東山界隈へ。

昨年はそんなに遅い時間でなくても産寧坂は人が少なかったのですが、この日はカメラマンと観光客で一杯。

そういえば清水寺のライトアップをやっていたのをすっかり失念していました。

 

という事でカメラを出す事も無く引き返して人の少ない二年坂から円山公園

 

円山公園も結構な人出でしたが、ここは広いのでそんなにストレスも無く。

久しぶりに屋台も出て賑わっていました。

 

今年は地面にゴザをひいての花見は禁止だったようで、個人的にはその方が風情があってありがたいと思います

 

引き続いて祇園の巽橋へ

 

こちらは観光客の飲み屋帰りの酔客とタクシーなどなどで混雑

 

更に歩いて白川へ。

こちらの人出はそんなにでもなく。

でもこっちの桜の方がボリューム感はありますね

 

 

 

そんな感じで夜桜散歩でした

2022年京都・東山界隈桜散歩

もう5月になったというのにまだ桜の時期の記事です。

この日は休日、家族で東山方面へ。

 

円山公園の地下駐車場に停めて、地上に出ると咲き始めの桜が出迎えてくれました

 

円山公園祇園桜は満開。屋台も出るようで開店準備中

 

 

円山公園を抜け、ねねの道方面へ。

大雲院の門から覗いた桜はまだ蕾。

ここは満開の時にまた訪れたい風景でした

 

二年坂から八坂の塔方面。

定番の撮影ポイントはカメラマンも多かったので手短に

 

 

 

更に歩いて産寧坂はほぼ見ごろ

 

 

 

このあたりで引き返し、二年坂スターバックスでお茶を買って飲みつつ祇園石段下の亀屋清永さんに寄って、以前から妻が一度食べてみたいと言っていた清浄歓喜団を買って帰ってくるという日でした