京都右往左往

京都で彷徨っている

京都ゑびす神社へ夜の散歩

 年が明け、1月10日は各地のゑびす神社が十日ゑびすでにぎわう。

 私の実家は商売をしているのだけれど、商売繁盛の祈願は毎年伏見稲荷大社へ初詣に行くのが恒例で、一方京都ゑびす神社への参拝はした事がなく、そのせいか私自身正確な神社の場所も最近になるまで知らなかったという有様。

 

昨年あたりから祇園界隈を夜に写真散歩する機会が増え、その中でゑびす神社の前を通ることも多くなったのだけれど、夜はいつも閉門しているので中の様子はまったく分からず。

深夜まで(日によっては夜通し)開門しているこの機会に初めて訪れてみた。

 

 

訪れたのは1月11日の夜。

この日は残り福という事で、いつものように五条大和大路を上りコインパーキングに停めようとするも交通規制や駐車場待ちの車列で周辺は混雑。

そりゃそうかと鴨川を渡り高瀬川沿いに車を停め少し歩く。

 

 

時刻は午後9時をまわり、屋台もそろそろ撤収に入っているところも。

f:id:n_m_res:20190116110051j:plain

 

 

それでも、それほど広くない境内は多数の参拝客でごったがえしていた。

f:id:n_m_res:20190116110223j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110053j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110052j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110055j:plain

 

 

この日は宮川町の舞妓さん芸妓さんによる福笹授与もあり、それを目当てにする参拝客も多かった模様。

f:id:n_m_res:20190116110129j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110132j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110135j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110337j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110343j:plain

 

 

私もひとしきり参拝をして裏門から神社の外へ。なんでも表門から裏門へ出る参拝のしきたりがあるらしい。

外へ出たところで屋台などをぶらぶらと撮り歩く。

f:id:n_m_res:20190116110049j:plain

 

 

普段この時間だと真っ暗な道沿いの老舗店舗が、この期間はまだ店を開けているのが新鮮な光景。

f:id:n_m_res:20190116110136j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110139j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110214j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110215j:plain

 

f:id:n_m_res:20190116110218j:plain

 f:id:n_m_res:20190116110208j:plain

 

 

そんな感じで散策した帰り道、ゑびす神社のすぐ近くにある摩利支尊天の前を通りがかる。

こちらは狛犬の代わりに猪が鎮座している。

狛いのししといえば烏丸通護王神社が有名で、正月は境内入場規制もあったとも聞くけれども、こちらの摩利支尊天も同じように猪年の今年は更に賑わっているのだろうか。

f:id:n_m_res:20190116110347j:plain

 

 

最後は宮川町のお茶屋街を通って帰ってきた。

この区画は同じ花街でも祇園北や花見小路に比べて静かで好きな場所

f:id:n_m_res:20190116110352j:plain

 

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

 

 

 

305f.hateblo.jp

305f.hateblo.jp

305f.hateblo.jp

 

数年前に旅した岳南電車の思い出

前回、正月に岳南電車の小旅行をした記事を書いたのだけれど、子連れで始発から終点までただ往復しただけの記事で、車内から撮った写真ばかりのあまり面白くないものだったので、数年前に一人でこの路線を撮った時の写真を引っ張り出してきた。

305f.hateblo.jp

 

 

行ったのは2015年の秋。

早朝に吉原駅に着いて、おおむね1時間に2本程度走っている電車を上りと下りの電車を行ったり来たりしながら2時間ほど旅をした。

当時の細かい旅程が残ってないので、順不同で写真を中心に載せてみる。

 

 

まずは始発の吉原駅

f:id:n_m_res:20190110144633j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144628j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144629j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144631j:plain

 

 

続いて岳南原田駅

線路の向こうに工場が見える駅。

f:id:n_m_res:20190110144636j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144658j:plain

 

 

今度は2駅戻って吉原本町。

駅周辺は沿線で一番栄えてるという事になるのかな?

フルーツゼリーで有名な杉山フルーツもここが最寄。

何度か食べたことあるけど美味しいんだこれが。

sugikiyo.com

f:id:n_m_res:20190110144701j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144702j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144746j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144748j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144750j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144752j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145019j:plain

 

 

 再び進んで隣の本吉原。

ホームの向こうに工場プラントと煙突がドーンとそびえる光景。

f:id:n_m_res:20190110145016j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145013j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110144956j:plain

 

 

終点まで一気に進んで岳南江尾駅

f:id:n_m_res:20190110145048j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145046j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145559j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145605j:plain

 

 

今度は吉原行の電車に折り返し乗車して比奈駅で下車。

f:id:n_m_res:20190110145626j:plain

 

このあたりは竹取伝説の地という事で、車止めも竹に細工がしたものが使われていたのが印象的。

f:id:n_m_res:20190110145641j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110145706j:plain

 

無人駅を守る駅長さん?

f:id:n_m_res:20190110145711j:plain

 

岳南電車各駅にある富士山ビュースポット。

この日はあいにく富士山の姿は拝めず。

f:id:n_m_res:20190110154546j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110154554j:plain

 

 

また反対方向の電車で折り返して岳南富士岡駅

車庫に停車中の電車を撮影。

f:id:n_m_res:20190110154606j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110154615j:plain

 

f:id:n_m_res:20190110154623j:plain



そして再び吉原まで乗って旅のおわり。

駅舎も沿線も、なかなか個性的で味がある路線なので、また帰省の際にでも今度は乗った降りたの旅をしたいなと思う

 

 

新年初乗り鉄は岳南電車

2019年、新年の初乗り・初撮りは静岡県の義実家へ帰省した帰りに岳南電車へ立ち寄り。

正確にはこの前日に伊豆箱根鉄道にも乗っているんだけれど、あまり旅感も無かったのでこちらを初乗り鉄という事にしておく。

 

とはいえ、帰省の帰路の短時間、子連れで始発から終点までを往復しただけなのでそんな大したものではないのだけれど、久々のローカル線小旅行。

 

 

f:id:n_m_res:20190105144054j:plain

岳南電車の始発はJR東海道本線吉原駅に隣接する岳南電車吉原駅

まずは窓口で1日乗車券を購入。

吉原駅から終点の岳南江尾駅まで普通切符で片道360円、つまり往復720円。

一方1日乗車券は大人700円なので、単純に往復するだけでモトが取れる計算。

更に子供の1日乗車券は通常300円と、それだけでもオトクなのに春・夏・冬休み期間は200円になるという、なんとも有難いもの。

 

その上、元々硬券で味がある1日乗車券にお正月は賀正の印刷がされた特別仕様。

入鋏もしてもらい、収集鉄には嬉しいんじゃないだろうか?

 

味のある駅の雰囲気が何気に好きな改札をくぐってホームへ。

f:id:n_m_res:20190105144051j:plain

 

 

架線柱が立ち並ぶと無駄に望遠レンズで圧縮したくなる。

最近SONYのα6500にSEL18200を新調したので、早速試し撮り。

f:id:n_m_res:20190105133237j:plain

 

画質は値段なりというのは分かるのだけれど、子連れで撮影する機会や子供の運動会などで使用する場面が多いので、やはり便利ズームは重宝する。

 

 

広角とズーム、伸ばして縮めて、電車が入線するまでの間色々と撮り歩く。

f:id:n_m_res:20190105133242j:plain

 

 

JR東海道線が併走する吉原駅

f:id:n_m_res:20190105133240j:plain

 

 

この駅のホームは屋根の形が独特で好き。

f:id:n_m_res:20190105133245j:plain

 

 

やってきたのは緑の塗装の8000形、愛称は「がくちゃんかぐや富士」。

f:id:n_m_res:20190105133342j:plain

 

 

ここからは車内から車窓を撮る私、コンデジを手に車内や車窓を撮る子供、車内放送や沿線に2ヶ所ある電鈴式踏切の音をスマホで録音する妻と、3者3様で旅を楽しむ。

 

こちらは岳南原田~比奈間の日本製紙富士工場内を走る、工場萌え垂涎の区間

f:id:n_m_res:20190105133348j:plain

 岳南電車といえば工場夜景も有名で、月に2日ほど車内の明かりを消して工場夜景を楽しめる夜景電車なるものも運行されているそうで、一度乗ってみたいものである。

 

 

すれ違った新車の9000形。

新車といっても京王~富士急を経て岳南電車は3社目の所属になる車両とのこと。

f:id:n_m_res:20190105134955j:plain

 

 

岳南富士岡駅に留置してある機関車も名物スポット。

f:id:n_m_res:20190105134959j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20190105135000j:plain

 

 

終点の岳南江尾まで、20分ちょっとの小旅行。

f:id:n_m_res:20190105135003j:plain

 

 

駅のこういう伝言板も見かけなくなった。

f:id:n_m_res:20190105135008j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20190105140617j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20190105140624j:plain

 

 

10分程の停車時間で、 乗ってきた電車に再び乗車し折り返す。

岳南富士岡停車時に見える機関車。その向こうに富士山も見えるが、この日はてっぺんに雲がかかっておりスッキリとは見えず。

f:id:n_m_res:20190105140738j:plain

 

 

岳南富士岡駅を発車後の光景。この駅には車庫もある。

f:id:n_m_res:20190105140745j:plain

 

 

ジヤトコ前~吉原間、後方の車窓に富士山が見える。

f:id:n_m_res:20190105140748j:plain

 

 

そして吉原駅に戻ってきた。

f:id:n_m_res:20190105140755j:plain

 

 

これまた今はあまり見なくなった黒板。

f:id:n_m_res:20190105143402j:plain

 

 

静岡ではお馴染み、しょんないTVのロケも来たようで、瀧さんのサインが飾ってあったり。

f:id:n_m_res:20190105143359j:plain

 

 

そんなこんなで岳南電車の小旅行。

正直車窓からの写真しか撮ってないのだけれど、そういえば3年ほど前に私一人でこの路線を旅したときの写真をブログには載せてなかったのを思い出したので、近いうちにアップしたいな、と思ったりする

 

ザ・ラストラン 岳南鉄道貨物 [DVD]

ザ・ラストラン 岳南鉄道貨物 [DVD]

 

 

先斗町を歩いてイノダコーヒへ

師走・・・というかクリスマスイブの京都の街を、カメラ片手にブラブラ歩く。

三条から先斗町を南へ。

この通りは紅葉目当てから流れてきた観光客の姿も減り、比較的歩きやすくなった。

f:id:n_m_res:20181226134248j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134309j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134446j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134449j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134603j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134612j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226134610j:plain

 


先斗町を抜け、こちらは師走とクリスマスの買い物客でごったがえす四条河原町を南へ。
タキイ種苗のビルの隣、壽ビルディングというレトロビルに向かう。

ここにはメリーゴーランドという児童書を中心に扱う書店があって、何度か訪れた事もあるのだけれど、今回の目的は同じフロアに少し前にできたTOBICHIというお店。

www.mgr-kyoto2007.com

www.1101.com

 

こちらはあの「ほぼ日」が運営するショップだそうで、雑誌SWITCHの梅佳代特集に連動した写真展をやっていたので見学。

 

写真展は写真展として、店内はほぼ日手帳の各種商品が豊富に取り揃えてあって、好きな人には堪らないんだろうなぁという印象。

私は仕事柄、紙の手帳を持っても宝の持ち腐れなので眺めるに留めておく。

 

 

TOBICHIを出て、メリーゴーランドを少し覗いてから階段を使ってビルをおりる。

f:id:n_m_res:20181226140854j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226140905j:plain

 

 

ビルを出て、裏道を通って四条河原町へ。

f:id:n_m_res:20181226140936j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181226141026j:plain

 

 

抹茶館の引くほど並んでいる行列を横目に河原町を上り、丸善ジュンクで探し物をし、寺町の某ショップでお使い物を購入。

指がもげそうな重さの品物をブラ下げて帰路についたのだけれど、あまりに重いので三条通イノダコーヒでひと休み。

f:id:n_m_res:20181226141053j:plain

 

 

店に入ると、喫煙席ならすぐに通せるという事だったので、コーヒー1杯飲むだけの我慢と思って喫煙の円卓へ。

 

タイミングが良かったのか、それともこのご時勢だからだろうか、名物の円形カウンターは喫煙席にも関わらず煙の気配はなく、中でテキパキと動かれている老練な職人さんたちの動きを眺めつつアラビアの真珠を1杯。

f:id:n_m_res:20181226141953j:plain

 

非喫煙者にとってはしんどいかもしれないけれど、ここの真骨頂はやはり円卓の席であろう。

昔に比べて喫煙人口の減った今、ものは試しに一度行かれる事をお薦めしたい。

あと、個人的な好みなんだけれどこのカップが手に持った重さといい飲み口の厚みといい、実に私好み。

このカップ欲しいな、買っちゃおうかな、などと思案しつつ、コーヒー1杯をサッと飲んで会計を済ませると、待合席は禁煙席が空くのを待つ人で混みあっていた。

 

それを横目に、そういえば最近猪田彰郎さんの本が出たのを思い出した。

年末年始の読書はこれにしようかな・・・さっき行ったところだけれど、また本屋に行かないとなぁ、なんて思いながら帰路についた

イノダアキオさんのコーヒーがおいしい理由

イノダアキオさんのコーヒーがおいしい理由

 

 

 

閉店の報を聞いて長岡京の恵文社バンビオ店へ

先日、長岡京市にある恵文社バンビオ店が閉店するというニュースを目にした。

 

恵文社といえば、本好き・本屋好きの間では一乗寺にあるお店が有名だけれど、系列のバンビオ店もそちらに負けず劣らずの個性派書店という印象。

誤解を恐れずに書くなら、一乗寺の棚を雰囲気はそのままに間口を広く揃えたような展開。

品揃えとして雑誌と子供向けの本、そして漫画の品揃えが充実していた印象。

そこにセンスの良い選書や雑貨が並び、ここでしかない店の雰囲気ができあがっていた。

 

個人的には一乗寺の店よりもこちらの方が好みの店だったので、以前はたまに訪れていたのだけれど、子供ができて以来家から少し遠い事も数年ほどご無沙汰していた。

 

そんな中での閉店の報。

いてもたってもいられず、同じくこのお店が好きだった妻と子供を連れて行ってきた。

f:id:n_m_res:20181219161041j:plain

 

 

数年ぶりに訪れた店内は、棚の配置などパッと見には以前とあまり変わった様子もなく、児童書・絵本のコーナーには子供連れが何組か。

一方、一般書や雑誌のコーナーは日曜の昼前という事を考えても少し寂しい客入り。

子供と一緒に本を何冊か選び、店内を見て回って退店してきた。

f:id:n_m_res:20181219161043j:plain

 

 

やはり書店業界、どこも厳しいのだろう、時を同じくしてこのバンビオ店の閉店と同じ日に京都市内では寺町通喜久屋書店漫画館が閉店するニュースも入ってきたし、先日は天王寺のMioという商業施設に入っていた旭屋書店も閉店した。

商業施設内での都合という意味で、書店自体の都合で閉店したのとは少し意味合いが変わるけれど、京都駅の三省堂も無くなったし、もう少し前になると四条河原町にあったFutaba+とブックファーストという向かい合った2軒も閉店した。

実際私はこの目で見てないからなんともいえないけれど、恵文社の本店的位置づけになる西大路店も2階フロアの営業を止めたと聞く。

 

無くなる店もあれば新規開店の動きもあって、年が明けて3月には四条烏丸に新しくできる京都経済センター内に大垣書店がオープン。北大路にあった本店機能を移転させるそうである。

【2019/3/16】京都本店 開店 のお知らせ大垣書店 | 大垣書店

 

 

来年、再来年とこのあたりの書店界隈はどうなるんだろう。

ネット書店や電子書籍も利用しないわけではないけれど、本屋の雰囲気そのものが好きで可能な限りリアル書店に足を運んで紙の本を購入したい人間である私は、この先の事について無責任な客の立場だけれども色々と思いをめぐらせる

 

 

日本の小さな本屋さん

日本の小さな本屋さん

 
本屋の新井

本屋の新井

 

 

ふらっと伏見稲荷観光

おこしやす、ちとせちゃんという漫画がある。
おこしやす、ちとせちゃん(1) (BE・LOVEコミックス)

おこしやす、ちとせちゃん(1) (BE・LOVEコミックス)

 

 

ちとせちゃんという名前のペンギンが京都の各地に出没し、何故か周囲の人間たちも何故ペンギンが街中にいるのかという事には一切疑問を持たず、むしろあたりまえにそこに居る京都市民(というか京都のマスコット)として交流している姿を描いた漫画。
 
丁度今5分番組としてアニメ化されてもいるのだけれど、とにかくアニメになった時のちとせちゃんの可愛さ(声、しぐさ、表情)は破壊力抜群。
 
 
ウチの子供もコミック・アニメ共々お気に入りで繰り返し見ているんだけれど、そんな子供から「(作品で出てきた)伏見稲荷に行きたい」というリクエストが。
いやー、伏見稲荷かぁ。
今めっちゃ人多いって言うやん・・・と思ったけれど、子供の頼みなら仕方がない(親馬鹿)。
という事で、日曜の朝から車を走らせて伏見へ向かった。
 
 
伏見稲荷に行くのは2年前の本宮祭以来だろうか。
それ以前から、実家が商売をしているので初詣に毎年行っている親について何度か行った事はあるんだけれど、あそこは前の道が北向きの一方通行だし参拝客が狭い車道の両側を歩くし、って事で毎回電車を利用していた。
 
今回は朝だからまあいけるでしょって事で車で向かったけれど、午前8時半で駐車場はほぼ満車。
初めて伏見稲荷の駐車場を利用して知ったのだけど、ここは駐車料金が無料のようで、それは車も混雑するわと。
 
なんとか車を停めて境内に入ったけれど、いやー、9時前でこの賑わいですか。

f:id:n_m_res:20181128214159j:plain

 

 

天気は快晴

f:id:n_m_res:20181127155223j:plain

 

 

写真は人が多いのと子供メインで撮ってたので特に無いんだけれど、千本鳥居を通って奥社奉拝所まで上ってきた

f:id:n_m_res:20181128214251j:plain

 

f:id:n_m_res:20181128214335j:plain

 

f:id:n_m_res:20181128214424j:plain

 

 

そこから少しだけ上って、別ルートで山を下る。

全山回ると約2~3時間かかるそうで、そこまで上る元気はない。

f:id:n_m_res:20181128214530j:plain

 

f:id:n_m_res:20181128214538j:plain

 

 

下に降りてきて参道あたりを少し散策。

お店もまだ開店準備のところがチラホラある時間帯。

このあたりの土産物屋は、神棚やその備品を扱うお店が多い。というか、元はそちらが本職だったのではないかと思われるフシもある。

さすが稲荷神社の総本社なだけある。

f:id:n_m_res:20181127155312j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163004j:plain

 

 

名物のすずめとうずらは小さい時に食べた事あるから今回は見送り。

まあハナシのタネに食べてみるものかなぁ。もしくは酒のアテ?

f:id:n_m_res:20181127163027j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163836j:plain

 

 

鳥居コレクションなるガチャガチャ。奥さんがついつい回していた。

f:id:n_m_res:20181127163052j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163119j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163813j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163900j:plain

 

 

最後に、3ヶ国語くらいを華麗に駆使して接客する(多分)中国人の店員さんが焼くお団子を食べて帰路へ。

f:id:n_m_res:20181127163952j:plain

 

f:id:n_m_res:20181127163955j:plain

 

 

まあ、たまにはエエやん近場のベタ観光、ていう感じで、東福寺へ向かう車の渋滞に巻き込まれかけながらも帰路へ。

 

観光客特有のノリとテンションで普段なら絶対に買わないであろう変わり八ツ橋を土産に帰宅した

f:id:n_m_res:20181201150316j:plain

 

 

正月の湘南旅行写真(その4 片瀬西浜)

鎌倉駅から江ノ電江ノ島駅へ。

毎回すばな通りを通って江の島方面に向かうのも芸が無いので、脇道に逸れて境川沿いを歩いてみる。

f:id:n_m_res:20181010153651j:plain

 

夕暮れの江の島が見えてきた。

f:id:n_m_res:20181010153700j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20181010153703j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010153706j:plain

 

 

戌年の最初に、犬に導かれて海岸へ向かった。

f:id:n_m_res:20181010153835j:plain

 

サザンオールスターズはSEASIDE WOMAN BLUESで江の島に明かりが灯るころ艶づくは片瀬川*1と歌ったけれど、そろそろそういう時間帯に差し掛かってきた。

f:id:n_m_res:20181010153837j:plain

 

 

程なく歩いて片瀬西浜海岸。

新江ノ島水族館えのすい)の裏手で日没までひたすらシャッターを切る。

f:id:n_m_res:20181010153839j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010154152j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010154153j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010154200j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010154221j:plain

 

日も暮れてきたので撤収。

f:id:n_m_res:20181010154223j:plain

 

f:id:n_m_res:20181010154225j:plain

 

今回の湘南は朝から晩まで天気も波も良かった。

長年この界隈に通って撮っているけど、ここまでの好コンディションになる事はめったにない。

とはいえ、どんな天候でも自分にとっては魅力的な土地なのでこれからも通い続けるだろう。

 

 

そんな訳で、この記事を予約投稿して公開されている頃、また湘南へ向かって新幹線に乗っている予定だったりする。

今度はどんな写真が撮れるのか楽しみ

 

 

 

 

*1:境川の河口付近の事を片瀬川とも呼ぶそう