京都右往左往

京都で彷徨っている

7月に読んだ本・雑誌・漫画

日経おとなのOFF 2017年08月号

特集は「夏~秋の美術展が大事件 運慶、北斎、国宝を目撃せよ」。

運慶、北斎、国宝と並べるとなにがなんだか分からないのだけれど、要はこの夏~秋の国内作品の目玉美術展の中で目玉となる3つの特集。

個人的には京都国立博物館の国宝展が気になっていて、子供が大好きなEテレびじゅチューンで取り上げられたものの中から深鉢形土器(火焔型土器)、薬師寺の吉祥天像、雪舟の四季山水図巻(山水長巻)、建仁寺でレプリカは見た事があるけれど 風神雷神図屏風などか展示されるそう。

他に別冊で全国の美術展スケジュールがついてくるのも有難かった

日経おとなのOFF 2017年 08 月号

日経おとなのOFF 2017年 08 月号

 

 

 

かりん歩 2 /柳原望

ざっくりいうと名古屋を街歩きをする作品なのだけれど、ただのお散歩漫画ではなくその街の成り立ちや歴史などからアカデミックな切り口で散歩するのが魅力。

・・・というとブラタモリみたいに感じられるかもしれないが、まさに今巻では先日放送されたブラタモリ名古屋編で登場したものと同じ内容が。
そのあたりについてはあとがきで作者も触れているんだけれど、このあたりの現代の風景から昔を推察する街歩きはただ漫然と散歩する事から一歩進んで知的好奇心が刺激されてよいな、という感想

 

 

いちばんおいしい家カレーをつくる/水野仁輔

丁度先日までNHKの趣味どきっで「もっとディープに!カレーの世界 」という回の講師も勤めておられたカレーのスペシャリスト。
この本にはカレーのレシピ3種類しか載っていないのだけれど、カレーに限らず料理そのものの考え方として何故この工程が必要なのか?何故火加減はこのくらいなのか?など、考えて料理する事の必要性を説いてくれていて、レシピの本筋以外での読み応えがあり満足。
カレーレシピのほうも、作りたいなと思わせるものだったけれど、ウチは辛味が苦手な家族がいたりじゃがいも必須な好みだったりなので、この本のレシピをベースにちょっとアレンジして今度作ってみようかなと思っているところ

いちばんおいしい家カレーをつくる

いちばんおいしい家カレーをつくる

 

 

 

 Number PLUS プロレス総選挙2017

とりあえず飯伏幸太のインタビューだけでも買う価値がある。

とかく頭の中が何を考えているのかよく分からない選手だけれども、どういう考え方で試合やトレーニングに臨んでいるのか。

今後も彼の活躍から目が離せない。

あとは、もう少し女子プロレスラーについても取り上げてもらえると嬉しかったな、という感想

 

祇園祭還幸祭 八坂神社にて

7月24日。
昼間に後祭の山鉾巡行が無事行われ、夜は還幸祭である。


17日の神幸祭で八坂神社から3基の神輿に乗り四条寺町の御旅所にお越しになった神様が、再び八坂神社へ向かわれる。

 

当初は夏休みに入った子供も連れて、親子で御旅所の出輿を見に行こうかと考えていたのだが、子供が流行の夏風邪をひいてしまったので断念。
私が家で子供を見ている間、妻に御旅所まで行って貰った。

 

妻が御旅所と錦市場で神輿を見て、同行の友人と夕飯を食べて帰宅したのが9時過ぎ。
それから用意をして家を出る。

 

この時間からだともう四条界隈に着く頃には神輿も八坂神社に着く頃だろうと、直接車を八坂神社に向ける。

 


神輿に伴う祇園石段下の交通規制があるので、少し離れた駐車場に車を停めて歩いて八坂神社西楼門の前に着くと、丁度西御座神輿がやってきたところだった。

f:id:n_m_res:20170727134804j:plain

 

 

神輿は祇園石段下の交差点を大きく右折し、八坂神社の南楼門*1へ向かう。

f:id:n_m_res:20170727134812j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727134820j:plain

 

 

南楼門の方は神輿の進行上、一般の見学者の通行ができなくなっているので、西楼門から境内に入る。

f:id:n_m_res:20170727134830j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727134838j:plain

 

 

着くと、先に八坂神社に到着した東御座神輿が舞殿の周りをまわっているところだった。

f:id:n_m_res:20170727134845j:plain

 

舞殿の周りを3周したのち、神輿の飾りつけなどが一旦外される

f:id:n_m_res:20170727134851j:plain

 

そして巨大な神輿がソロリ、ソロリと舞殿の中におさめられる

f:id:n_m_res:20170727134906j:plain

 

 

取り外された長柄を担ぐ担ぎ手の後ろ姿が凛々しい

f:id:n_m_res:20170727134921j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727134939j:plain

 

 

東御座が舞殿におさまると、いよいよ最後の西御座の登場

f:id:n_m_res:20170727155908j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727134952j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135006j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135016j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135033j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135040j:plain

 

 

こちらもまた、飾りが外され舞殿におさめられる。

f:id:n_m_res:20170727135048j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135100j:plain

 

 

3基の神輿が舞殿におさまると、規制線が解かれ神輿の近くまで行く事ができる。

f:id:n_m_res:20170727135108j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135115j:plain

 

f:id:n_m_res:20170727135124j:plain

 

 

そしてこの後、境内の照明が全て消され、見学者も携帯やカメラなど光の発する物の使用厳禁が徹底され、暗闇の中、神輿におられた神様が八坂神社本殿にお戻りになられる神事が厳かに行われる。

 

こんなに厳かな神事が非公開ではなく至近距離で見学できるというのは、もしかしたら貴重な行事なのではないだろうか。

 

 

そして、神様がお戻りになられると再び境内の灯りがともる。

f:id:n_m_res:20170727135138j:plain

 

 

その後、本殿の中では引き続いて神事が行われ、それが終わってから私もお参りをさせていただいて帰路についた。

 

毎年のように見学に伺っているのだけれど、また来年も、それ以降も可能な限り参加したいものである

 

*1:八坂神社は写真などでよく紹介される四条通に面した西楼門が正門のような印象を受けがちであるが、正門に当たるのは南側にある南楼門である

祇園祭神幸祭、今年も西御座神輿を追って

祇園祭の前祭り山鉾巡行の見物をし、一旦帰宅し夕飯を食べて子供が寝室に向かったところで再び家を出る。

 

 

ここ数年、毎年のように撮りに行っている神幸祭

祇園祭というのは山鉾巡行が有名で、あれがメインと思われがちだが、本来祇園祭というのは八坂神社の神様がお乗りになった3基の御神輿が京都の街中を回り、疫病を払うという目的の祭り。

山鉾巡行は、その神輿が街中を通る前の露払いの意味合いなのだけど、いかんせん豪華絢爛な山や鉾の姿がクローズアップされて夜の神幸祭はそこまで有名ではないような印象。

 

 

 いつものように、中心街から少し離れた所に車を停め*1四条河原町から河原町通を北へ向かうと、丁度西御座神輿が南下してくるところだったので歩道から撮影。

 

f:id:n_m_res:20170719135137j:plain

 

 

神輿は一時車両通行止めになった車道を練り歩くのだけれど、歩道の方にも巡行に参加する方が大勢歩いてこられる。

f:id:n_m_res:20170719135145j:plain

 

 

という事で、咄嗟にシャッタースピードを遅くして動きを出してみたのだけど、若干ブレてしまい残念。

f:id:n_m_res:20170719135157j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719135220j:plain

 

 

先回りし、四条木屋町あたりでやってくる神輿を待ち受ける。

f:id:n_m_res:20170719135232j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719135242j:plain

 

 

西御座神輿はこのあと、木屋町通を下がり松原通から再び河原町通に出て、四条寺町の御旅所に向かうのだけれど、私は神輿を追いかけずに四条通を西に向い御旅所へ。

 

御旅所に着くと、丁度東御座神輿が差し回しの最中だった。

f:id:n_m_res:20170719135635j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719135645j:plain

 

 

差し回しが終わると、神事が行われる。

先ほどの賑やかで勇壮な神輿渡御から一転し、静寂な空気に包まれる。

f:id:n_m_res:20170719135653j:plain

 

 

そして神輿は御旅所の中へ。

f:id:n_m_res:20170719135933j:plain

 

 

東御座神輿が着輿すると、最後にやってくるのが西御座神輿。

御旅所の前で差し上げが行われるのだが、このタイミングで大雨が降ってきた。

f:id:n_m_res:20170719135936j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719135941j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719135955j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719140006j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719140020j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719140031j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719141453j:plain

 

 

神輿に取り付けられていた提灯などが一旦外され、御旅所に入る準備が行われる。

f:id:n_m_res:20170719141659j:plain

 

 

三基の神輿が御旅所におさまった。

この後、24日の後祭り山鉾巡行の日までここに置かれ、その日の夜の還幸祭で再び京都の町を練り歩いて八坂神社に帰られる。

f:id:n_m_res:20170719140047j:plain

 

 

無事に渡御が終わったなんともいえない安堵感があたりを包む。

f:id:n_m_res:20170719140102j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719140119j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719140136j:plain

 

 

この日から24日までここに置かれる神輿に祇園の芸舞妓さんがお参りする無言参りというのがあって、早速祇園の舞妓さん芸妓さんの姿も見られた

f:id:n_m_res:20170719141417j:plain

 

 

私も7日間毎晩通うものだと思っていたのだけれど、調べてみると本来は毎日ではなく無言のまま7回半祇園さん(八坂神社)とこの御旅所を往復してお参りする事だったらしい。

kyotohansokutsushin.seesaa.net

 

文献で調べるという事は大切なのだと、改めて思った次第である。

 

 

 

 

ーーーーー

 昨年の記事はこちら

305f.hateblo.jp

 

*1:本来なら祭りだから電車で行って終わった後に一杯呑みたいところなんだけど、全ての行事が終わった後だと終電が終わっている可能性が高いので毎年泣く泣く車で出かける

祇園祭・山鉾巡行は烏丸御池以西がおすすめ

祇園祭前祭り。17日は山鉾巡行の日。

今年は祝日に当たったので、子供も学校が休みだしという事で、連れて行ってみた。

 

自分自身、山鉾巡行を見に行くのは小学生の時に親に連れて行かれて以来ではないだろうか。

その時の記憶としては、河原町通の人混みの思い出しかなく、その後何十年も「あんな人混みに行きたくない」と、ずっと敬遠していた。

 

そうは言っても私も大人になって、色々と祇園祭について知るようになる内に、「これ、巡行のスタートである四条烏丸からコースに沿って四条河原町河原町御池あたりではなく、所謂ゴール付近である烏丸御池あたりに行けば混雑マシじゃない?という考えが思いついた。

 

 そうなると、家を出るのはゆっくりでいいかという事で、クーラーの効いた部屋でKBS京都テレビの巡行中継を見てから出発。

 

今年の中継はゲストに俳優の近藤正臣さんが出ておられたのだけれど、Twitterで見かけた感想からも分かるとおり、今年はいい中継だった。

 

 

そんな中継を途中で切り上げ、地下鉄で烏丸御池へ。

早くも帰路につく見物客や、鉾について西へ進む人達で賑わう界隈だけれど、御池通りは歩道も広いので見物スペースは余裕で確保。

 

 

現地に着くと、丁度目の前には函谷鉾が停まっていた。

どうやら西の方を見ると、この先の新町通の交差点で巡行の先頭を行く長刀鉾が辻回し(大きな鉾の下に濡れた竹を敷いて、その上を車輪を滑らせ方向転換する事)の為に停まっていて、その為後続の山や鉾が全てストップしているという状態。

f:id:n_m_res:20170719132458j:plain

 

 

そんな訳で、長い時間ゆっくりと鉾を眺める事ができた。

f:id:n_m_res:20170719132543j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719132604j:plain

 

 

いよいよ鉾が動き出し、次にやってきたのは芦刈山。

一昨日に宵々山で見た山でもある。

f:id:n_m_res:20170719132623j:plain

 

 

烏丸御池の交差点に月鉾が差し掛かった。

その巨大さに圧倒される。

f:id:n_m_res:20170719132638j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719132642j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719132707j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719132712j:plain

 

 

丁度いい感じで我々の目の前で鶏鉾停止。

また新町通で辻回しが行われているようである。

f:id:n_m_res:20170719132753j:plain

 

 

順次行列を詰める為に後続の山が横に並んだり追い越したりも。

f:id:n_m_res:20170719132915j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719132939j:plain

 

 

そして、「エーンヤーラヤー」の掛け声とともに再び出発。

f:id:n_m_res:20170719133011j:plain

 

 

蟷螂山がやってきた。

子供も、宵々山でも見たし先ほどのテレビ中継でも見ていたので大喜び。

f:id:n_m_res:20170719133032j:plain

 

 

からくりが動くところもしっかりと見る事ができた。

f:id:n_m_res:20170719133252j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719134410j:plain

 

 

菊水鉾。これまた巨大。

f:id:n_m_res:20170719134422j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719134441j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719134505j:plain

 

 

時刻はお昼を回り、子供もお腹が空いてくる頃なので、ここらで離脱して食事ができる場所を探そうと姉小路に出てみれば、巡行を終えて鉾町に帰る油天神山に遭遇。

せっかくなので少し後をついて行ってから、運よく空いていた店を見つけてお昼ごはん。

f:id:n_m_res:20170719134542j:plain

 

f:id:n_m_res:20170719134601j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170719134624j:plain

 

 

昼食を済ませ、地下鉄に乗ろうと烏丸御池の交差点に来てみれば、丁度巡行のしんがりである船鉾が新町通で辻回しをしているところだった。

有料観覧席の観客は去り、早くも座席の撤去作業が始まている御池通の横断歩道を渡りながら1枚シャッターを切る。

f:id:n_m_res:20170719134649j:plain

 

 

今まで人混みが苦手で敬遠していた山鉾巡行だけど、こういう見学方法ならそんなにストレスを感じる事なく楽しめる事が分かった。

また、休日に巡行日が重なる年があったら行ってみようかなと思う

 

 

 

305f.hateblo.jp

 

月刊京都2017年7月号[雑誌]

月刊京都2017年7月号[雑誌]

 

 

祇園祭宵々山は今年も人混みを避けて

今年の祇園祭の前祭りは丁度宵々山・宵山・巡行の日が土・日・祝の三連休という事で、折角なので子供を連れて行ってきた。

 

まずは土曜の宵々山。

三連休で人出も多いだろうという事で、基本的には昨年と同じく四条烏丸の南西を中心にブラブラする作戦で。

コンデジソニーのRX-100)をポケットに入れて出発。

 

 

地下鉄烏丸線四条駅の一番南側の出口から地上に上がり、歩行者天国となっている烏丸通に立ち並ぶ屋台でまずは腹ごしらえをしてから、仏光寺通りを東へ。

f:id:n_m_res:20170719132240j:plain

 

 

すると偶然通りがかった呉服屋さんの中でタペストリーの展示をやっているようで、フラリと入ってみれば、飾られていたのは尾形光琳作の紅白梅図屏風を織物で編んだタペストリー。

f:id:n_m_res:20170719132249j:plain

 

 

NHKEテレびじゅチューンが大好きな我が子、偶然とはいえ番組で取り上げられていた作品が見られて大喜び。


 

 奥に細長い、いわゆる鰻の寝床な京町家。

f:id:n_m_res:20170719132255j:plain

 

 

仏光寺通りを西に歩いていくと、遠くに木賊山の駒形提灯の灯りが見えてきた。

f:id:n_m_res:20170719132312j:plain

 

 

昨年も見た、美容院の店先に並べられた手づくりのミニチュア山鉾を今年も見物。

f:id:n_m_res:20170719132322j:plain

 

 

西洞院を北に上って芦刈山へ。

事前に妻がこのTシャツや粽に書かれたフォントを見たようで、それが大層気に入り今日はこれを目当てに来たような物。

粽には各山鉾ごとに異なったご利益があるのだけど、特にそういうのを気にせずビジュアルに惹かれただけで買ったので今ご利益を調べてみたら縁結び・夫婦円満だそうで、よいじゃないか(笑)。

f:id:n_m_res:20170719132330j:plain

 

 

芦刈山から今度は四条通を渡って蟷螂山へ。

この山はさすがにビジュアル的に分かりやすいので子供にも好評。

今年は雨の心配が無かったのでビニールが掛けられる事も無く、全貌がしっかり見る事ができて良かった。

f:id:n_m_res:20170719132338j:plain

 

 

それにしても、Eテレでやっていた香川照之の番組を見て以来、このカラクリ人形を見ても彼の姿が思い出されてしまっていかんともしがたいな。

 

 

そろそろ子供も歩き疲れてきたので帰路に。

四条通はこの混雑なので、遠回りだけれど来た道をのんびり帰る事に。

f:id:n_m_res:20170719132347j:plain

 

 

帰りがけに見かけたこの看板。

猫も杓子もインスタ映えインスタ映えというこのご時勢。

新語流行語大賞に・・・入らないだろうなぁ、あの選考委員じゃ。

f:id:n_m_res:20170719132400j:plain

 

 

さすがに三連休なので、昨年に比べれば人出は多かったけれど、それでも人混みでグッタリする事も無く祭りの雰囲気を楽しめたので良かった

f:id:n_m_res:20170719132406j:plain

 

 

月刊京都2017年7月号[雑誌]

月刊京都2017年7月号[雑誌]

 

 

Leaf(リーフ)2017年8月号 (夏の京都さんぽ136)

Leaf(リーフ)2017年8月号 (夏の京都さんぽ136)

  • 作者: リーフ・パブリケーションズ
  • 出版社/メーカー: リーフ・パブリケーションズ
  • 発売日: 2017/06/24
  • メディア: 雑誌
  • この商品を含むブログを見る
 

江ノ電沿線を徘徊する(その3)

過去2回書いてきた江ノ電沿線旅行記も最終回。

 

 

最近バリアフリー化工事に伴って、ガラッと印象の変わった稲村ヶ崎駅にやってきた。

f:id:n_m_res:20170711152200j:plain

 

 

ここからまたもや江ノ電に乗って藤沢方面へ。

江ノ電の車内から車窓を撮る、という事を以前から一度やってみたいのだけれど、混雑する車内ではなかなか難しく実現した試しがない。

今回もこれで精一杯。

f:id:n_m_res:20170711152210j:plain

 

 

再びの鎌倉高校前駅で下車。

f:id:n_m_res:20170711152220j:plain

 

 

鎌倉高校前の例の踏切、時刻は18時近くになっても結構な人出。

耳に入るのはほぼ中国語という感じ。

普段なら駅から踏切までの歩道に自転車やバイクを停めたサーファーの人の姿もあるのだけど、この日は前述の通りサーフィンをする人も皆無なので余計に観光客が目立つ。

そういう人達を効果的に画面に入れて撮る事もできるのだろうけど、今回は人を排してイメージ的に切り取ってみた。

f:id:n_m_res:20170711152230j:plain

 

f:id:n_m_res:20170712142620j:plain

 

 

海岸に降りて、人もまばらな海を撮ってみる。

f:id:n_m_res:20170711152317j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152328j:plain

 

 

海へくると最近はバカのひとつ覚えみたいに三脚を立ててロングシャッターを切るのがお気に入りなのだけれど、手持ちのNDフィルターではこれで限界。

f:id:n_m_res:20170711152336j:plain

 

 

だいぶん日も翳ってきたので、駅に戻る。

やってきた江ノ電に乗ってひと駅、腰越で下車。

f:id:n_m_res:20170711152349j:plain

 

 

街の風景をスナップしながら隣の江ノ島駅まで歩く。

f:id:n_m_res:20170711152430j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152408j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152418j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152455j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152504j:plain

 

 

今回、江ノ電は心置きなく撮影できたけれど、海岸沿いの風景、特にサーフィンをする人の写真が撮れなかったのが心残り。

これを書いているのが旅から帰って3ヶ月後なんだけれど、早くもまた再訪したくなっていたりする。

次はサーファーも撮りたいし、久しぶりに江の島に行って猫も撮りたい。

夜のスナップもしたいし、本当に行っても行っても飽きない場所である

 

 

 

 

305f.hateblo.jp

 

江ノ電10キロ15駅の小旅行 (OAK MOOK)

江ノ電10キロ15駅の小旅行 (OAK MOOK)

 

 

江ノ電沿線を徘徊する(その2)

 前回からの続きです。

 

 

長谷駅周辺の裏路地をブラブラして、再び江ノ電に乗車。

このところ鎌倉に来るのは連休などの多客期ばかりだったので、並ばずに江ノ電に乗れるのがありがたい*1

 

 藤沢方面に2駅戻って稲村ヶ崎で下車。

駅から海に向かって歩いていき、道の先に海が広がるこの交差点が大好き。

f:id:n_m_res:20170710112809j:plain

 

f:id:n_m_res:20170710112818j:plain

 

 

海岸に下りてみると、波のコンディションが悪いようでサーファーの姿は皆無。

f:id:n_m_res:20170710112825j:plain

 

 

実は今回の旅では、サーファーの浜辺での姿などをスナップできれば、などど思っていたのだけれどアテが外れた。

なので作戦変更。

まだ陽は高いけれど、日差しは強いのでカメラの設定をWB晴天日陰に、そしてコントラストを上げて、太陽の方角へ砂浜を歩いていく。

f:id:n_m_res:20170710112922j:plain

f:id:n_m_res:20170710112926j:plain

f:id:n_m_res:20170710112933j:plain

f:id:n_m_res:20170710112942j:plain

f:id:n_m_res:20170710112953j:plain

 

 

砂浜を七里ガ浜の駐車場まで歩き、階段を上って今度は江ノ電の線路沿いをさっき降りた稲村ヶ崎駅方面へ引き返す。

f:id:n_m_res:20170710113542j:plain

 

 

ここまでサーファーの姿が皆無なタイミングで歩くのはもしかしたら初めてかもしれない。

f:id:n_m_res:20170711113031j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711113036j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152010j:plain

 

 

江ノ電の線路と134号の間の宅地が立て並ぶエリアに広大な空き地が広がっていた。

工事の看板によると高齢者関連の施設ができるよう。

f:id:n_m_res:20170712135445j:plain

 

 

最近は土地ができると駐車場かコンビニか高齢者関連施設か、というくらいに高齢者向けの物件の新設が多い気がする。

叶わぬ夢だけれど、老後にこんな場所で余生を暮らせたら、なんて思いながら足を進める。

f:id:n_m_res:20170711152110j:plain

 

f:id:n_m_res:20170711152121j:plain

 

 

稲村ヶ崎の駅に近づいてきたところで見かけた看板。

f:id:n_m_res:20170711152132j:plain

 

フジテレビジョンを初め、いくつかのテレビドラマやバラエティ番組の撮影で使用された有名なお店だけど、フジテレビジョン名義でのこの看板には少し違和感を覚えた。

勿論書いてある通り迷惑行為は慎むべきなのだけど、フジテレビジョンの名の下に「固く禁じます」と書かれると、何故フジテレビジョンにそのように上から言われないといけないのか、と思ってしまうのは私の了見が狭いからなのであろうか?

 

そんな事を思いながら稲村ガ崎の駅の方へ更に歩を進めたところで、次回に続く

 

*1:そもそも並ばないと乗れない時期は時間が勿体無いのでひたすら歩いている