読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都右往左往

京都で彷徨っている

京都 石塀小路あたりを徘徊する

京都 写真 徘徊写真

雪の清水寺を徘徊した後、産寧坂二年坂を経由して高台寺の下までやってきました。



 

路上アーティストは不在のよう。

f:id:n_m_res:20170315144436j:plain

 

 

ここからは石塀小路を歩く事にしました。

着物姿の女性が即席撮影会の趣。

f:id:n_m_res:20170315144431j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315144444j:plain

 

 

日本的な石畳の小道に突如現れる洋風の街灯と煉瓦造りの壁。

f:id:n_m_res:20170315144447j:plain

 

 

地元民と観光客。

日常と非日常。

f:id:n_m_res:20170315144455j:plain

 

 

このあたりでよく見かける門のようになった風景は、ついつい毎回シャッターを切っています。

f:id:n_m_res:20170315144503j:plain

 

 

下り坂の上から、入り組む電線を望遠レンズで。

ごちゃごちゃの電線がある風景って何か好き。

f:id:n_m_res:20170315144511j:plain

 

 

観光客の行きかう道から1本裏に入ると、途端に生活感のある通り。

f:id:n_m_res:20170315144518j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315144525j:plain

 

 

これまたついつい撮ってしまう自転車のある風景。

画的になんだか座りがいいんですよね。

f:id:n_m_res:20170315144535j:plain

 

 

 美容院なのか理髪店なのか、よく見ると「個性美を創る店」とあります。

気になる・・・。

f:id:n_m_res:20170315144547j:plain

 

 

あてもなくブラブラ歩いていると、汐鯛めしだい黒というお店がありました。

その名の通り鯛めしの専門店なのですが、中で食べるのは勿論家で鯛めしを作れるセットがあって地方発送をしてくれます。

鯛と出汁は勿論、米と漬物までセットになっているという有難さ。

ここは以前贈答で親戚に送ったことがあったのですが、とても好評だったのを思えていますが、店の場所までは把握していなかった。

今度は中でいただいてみたいものです。

f:id:n_m_res:20170315144552j:plain

siotaimesi.wixsite.com

 

 

雪を被った八坂の塔の下に出てきました。

f:id:n_m_res:20170315144600j:plain

 

 

前撮りでしょうか?

f:id:n_m_res:20170315144606j:plain

 

 

ビルでも家屋でも「裏側」に惹かれる。

f:id:n_m_res:20170315144612j:plain

 

 

八坂の庚申堂にやってきました。

日本の庚申信仰発祥の地だそうです。

お堂の脇に色とりどりのくくり猿が吊られていましたが、前からこんなにカラフルな感じだったかなぁ???

確か前は赤一色のイメージなんですが、よく分かりません。

f:id:n_m_res:20170315144618j:plain

http://www.geocities.jp/yasakakousinndou/

 

 

 着物を着て歩く人、本当に増えましたね。

f:id:n_m_res:20170315144623j:plain

 

 

・・・と、東大路通に出てきたら丁度レンタル着物のお店に遭遇しました。

諸々込みで3000円からなら、そりゃ若い人も気軽に着れていいですね。

f:id:n_m_res:20170315144638j:plain

 

観光で京都に来たからという一回限りだとしても、それでも着物に親しむ人が増える事はいい事だと思うのでした。

 

KYOTO着物さんぽ (JTBのムック)

KYOTO着物さんぽ (JTBのムック)

 

 

京都産寧坂・二年坂界隈を徘徊する

京都 写真 徘徊写真

 前回の記事の続きです。


 

清水寺をあとに、参道である五条坂をのんびりくだっていきます。

午前中でしたが、なかなかの人出。

 

こういう観光地ではまだまだ現役の写ルンです

とはいえ、DVD-Rのメディアが一緒に売っているあたりが今の時代なのかなーと思ったりも

f:id:n_m_res:20170315142104j:plain

 

 

五条坂は、そこかしこで八つ橋だなんだと試食の誘惑のある通り。

お茶もどうぞ。

f:id:n_m_res:20170315142108j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315142110j:plain

 

 

五条坂から脇に逸れ、産寧坂をくだります。

4月になればここは見事な枝垂桜が見られるところ

f:id:n_m_res:20170315142113j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315142126j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315142129j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315142134j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170315142139j:plain

 

 

そのまま道なりに進めば八坂の塔に出る道ですが、右に折れて二年坂を下がります。

f:id:n_m_res:20170315142147j:plain

 

f:id:n_m_res:20170315142152j:plain

 

 

なんだか季節感の無い軒先。

f:id:n_m_res:20170315142158j:plain

 

 

家並みの向こうにチラリと見えるのが八坂の塔

f:id:n_m_res:20170315142203j:plain

 

 

観光客の往来する表通りからひとつ曲がると見える、なんだか気になる建物。

調べてみると、今は料亭として使われているよう。

それにしてもこの裏側感が素敵。興味がわいて、横の坂道を上ってみます。

f:id:n_m_res:20170315142212j:plain

 

 

「THE京都」的な二年坂のすぐ近くとは思えない景色。

f:id:n_m_res:20170315142217j:plain

 

 

なかなかの急な坂です。

f:id:n_m_res:20170315142221j:plain

 

 

幕末志士葬送の地・・・そういえばこの近くに坂本竜馬の墓なんかもあるんじゃなかったかな。

あまり幕末の歴史に興味がある方ではないので華麗に通り過ぎます。

f:id:n_m_res:20170315142227j:plain

 

 

という訳で引き返し。見晴らしはいいです。

f:id:n_m_res:20170315142239j:plain

 

 

高台寺の近くまでやってきました。

f:id:n_m_res:20170315142244j:plain

 

 

人力車の車夫さんも箒を持って清掃に携わっておられるのですね。

f:id:n_m_res:20170315142249j:plain

 

 

 

このあとまだまだ歩きましたが、続きはまた次回・・・

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

 

 

日本一のカリスマ添乗員の すべらない京都案内 (京都しあわせ倶楽部)

日本一のカリスマ添乗員の すべらない京都案内 (京都しあわせ倶楽部)

 

 

雪の清水寺を徘徊する

京都 写真 徘徊写真

二月某日の休日のおはなし(ええ、相変わらずの遅筆です)。

この日は前日からの雪で京都市内各所で雪景色。

休日なので家族の好意もあり一人写真を撮りにでかけてきました。

 

向かった先は清水寺

バスを五条坂で降り、朝から観光客で賑わう坂道をダラダラとのぼっていきます。

f:id:n_m_res:20170309094757j:plain

 

 

観光客向けの店の向こうに、朱塗りの巨大な門が見えてきました。

f:id:n_m_res:20170309094801j:plain

 

 

清水寺、地元ですけどわざわざは行かない場所なんで、多分訪れるのは10年ぶりくらいかも。

その当時は自撮り棒なんてなかったなぁ。

f:id:n_m_res:20170309094804j:plain

 

 

この日は快晴。

1月の時の雪よりは降雪量が少なかったので、とりあえず溶ける前にと本堂をすっとばして奥へ急ぎます。

f:id:n_m_res:20170309094809j:plain

 

 

本来はここよりもう少し右側で撮るのが観光写真でよく見かける構図のような気もしますが、行った時は境内各所で工事が行われており、この位置がベストかな。

f:id:n_m_res:20170309094813j:plain

 

 

京都タワーの向こうに見える西山も雪景色。

この写真見てたら何処かスキーに行きたくなってきました・・・。

f:id:n_m_res:20170309094823j:plain

f:id:n_m_res:20170309094843j:plain

 

 

とりあえず押えておきたい画だけは押えたので、ブラブラと境内を引き返します。

清水寺境内にある地主神社

縁結びで有名という事で、若い方が大勢賑やかにしていました。

この神社には恋占いの石というのがあって、10メートルほど離れた2つの石の間を眼を瞑って歩いて、一度でたどり着いたら恋の成就も早いという言い伝えだそう。

ですが、まあ狭い境内に人も多いのでなかなかチャレンジするのは大変そう。

f:id:n_m_res:20170309094928j:plain

f:id:n_m_res:20170309094932j:plain

f:id:n_m_res:20170309094935j:plain

 

 

また引き返して奥の院阿弥陀堂の方へ。

よく見ると下の方に工事の足場があるのが分かります。

f:id:n_m_res:20170309094942j:plain

 

 

遠くに見えるのは子安塔。

名前の通り安産に信仰があるそうです。

f:id:n_m_res:20170309094949j:plain

f:id:n_m_res:20170309094956j:plain

 

 

ぐるっと境内の奥にまわって、清水の舞台を望む。

f:id:n_m_res:20170309095004j:plain

 

 

子安塔、本堂からは遠くに見えましたが歩いてみるとあっという間に着きました。

f:id:n_m_res:20170309095013j:plain

f:id:n_m_res:20170309095020j:plain

 

 

お地蔵様も雪を被り・・・。

f:id:n_m_res:20170309095027j:plain

 

 

お稲荷様も雪を被り・・・。

f:id:n_m_res:20170309095034j:plain

 

 

下に降りてきて舞台を見上げました。

あと少しで桜が咲くと綺麗な画になるでしょうか?

f:id:n_m_res:20170309095045j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170309095054j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170309095102j:plain

 

 

そんな感じで久しぶりの清水寺をぶらぶらと。

f:id:n_m_res:20170309095110j:plain

 

このあと、帰りがけに三年坂・二年坂から祇園四条の方まで歩きましたが、それはまた別の記事で

 

 

Vivitar Ultra Wide&Slimに2年弱眠っていたフイルムを現像した

写真

基本的にデジカメユーザーなのですが、フィルムカメラ・・・それもトイカメラも愛好していたりします。

トイデジも含め何台か使ってみたのですが、今主にメインで使っているのはVivitar Ultra Wide&Slim。

 

 

数年前まではヴィレッジヴァンガードでもよく売っている安価なカメラだったのですが、知らない間に製造中止になっていたようです。

22mmの超広角プラスチックレンズにパンフォーカス1.5m~∞。

f11・SS1/125固定で、撮影時に操作するのはシャッターボタンと巻き上げダイアルのみという、言ってみればフラッシュがなくてフイルム交換ができる写ルンですといってもいいんじゃないかと私は思うのですが、値段の割りに味のある写りと前述の22mmという画角が気に入って愛用していました。

 

 

・・・していたのですが、この1年以上すっかりデジカメばかり持ち出していて気づけばトイカメラを全然使っておらず。

気がついたらVivitarの中に撮りかけのフィルムが長い間入ったまま。

お恥ずかしいことに、いつ・どんなフィルムを入れたかも失念していたという有様。

 

フィルムの種類はおろか、ISO感度も分からず、このカメラ前述のように絞りもシャッタースピードも弄れないので、もし高感度が入っていて晴天の真昼間に撮れば露出オーバーだろうし、低感度で晴天以外なら高確率でアンダー気味に写るだろうなという状態。

設定を変えて何パターンか撮るという事もできないと。

 

ま、とりあえず使い切って現像に出して駄目だったら駄目だったでいいやと*1、年末から年明けにかけて撮影し蓋を開けてみると、出てきたフィルムはTudorのISO200。

持ちこんだラボの人も久々に見たと懐かしがってましたが、どうも知らない内にこのフィルムも製造中止になっていたようで(汗)。

 

現像があがってきたら、一部フィルムが変色していたのでなんとか補正をしましたと言われる始末。

 そんな細かい配慮をしてくださったのは京都のPhotolabo hibiさん。

いつもお世話になっています。

labo-hibi.com

 

 

 

 さてさて、何が写っていたかな、と上がってきた写真を見てみると一枚目はこちら。

f:id:n_m_res:20170225095617j:plain

これは鎌倉の光明寺の裏手から由比ヶ浜方面を撮ったものですね。

映画シン・ゴジラで鎌倉に上陸したシーンよりもう少し引いた感じ。

撮影したのは2015年のGWなので、ざっと1年半前ですか。

よくそれだけ入れっぱなしにして放置していたもんだ(汗)。

 

 

次に写っていたのはこちら。

f:id:n_m_res:20170225095622j:plain

これはその翌年、2016年の1月末に琵琶湖の白髭神社の朝日を撮ったもの。

前年5月に撮影後、翌年まで放置していた模様(汗)。

ちなみにこのカメラ(というかレンズ)は逆光にとても弱いのですが、光量が少なかったのかマトモな写真になっていました。

 

 

で、ここからはこの年末年始に帰省した際沼津で撮ったもの。

まずは沼津港の漁船

f:id:n_m_res:20170225095627j:plain

 

 

展望水門びゅうお

逆光が弱いといっているのに逆光で撮ってしまうのは、運よく味のある写真になる時があるからで、この出たとこ勝負感が実は好き

f:id:n_m_res:20170225095635j:plain

 

 

年が明けて1月2日、三津シーパラダイスの立体駐車場から内浦湾を撮ったもの。

このカメラの特徴であるトンネル効果が表れてますね

f:id:n_m_res:20170225100128j:plain

 

 

お隣の三津海水浴場。

淡島の向こうに富士山が写っているのですが、白とびしてますね

f:id:n_m_res:20170225100132j:plain

 

 

こちらも三津海水浴場。

本当に水が綺麗で、暖かくなったら子ども連れて行って水遊びさせてもいいかも

f:id:n_m_res:20170225100136j:plain

 

 

twitterに掲載したら思いのほかイイネがついた写真。

自分ではなんという事のない写真だと思ってたんですけど、味がある感じに受け取ってもらえましたかね?

f:id:n_m_res:20170225100140j:plain

 

 

こちらは海辺の街っぽい橋

f:id:n_m_res:20170301094106j:plain

 

 

内浦漁港。

前述のようにトンネル効果が表れるので、被写体を真ん中に置いた方がこのカメラにはいいのかな?どうなのかな?

f:id:n_m_res:20170225100144j:plain

 

 

翌1月3日、京都に帰る前にまた再訪した海水浴場。

前述のようにSS1/125固定の割に、奇跡的にカモメの羽ばたきが写しとめられた気がします。

f:id:n_m_res:20170225100149j:plain

 

 

次のショットが↓だった事を思うと、さっきの1枚は偶然にもいいタイミングだったという事がわかります

f:id:n_m_res:20170301094122j:plain

 

 

そんな感じで久々のトイカメラ写真でした。

現在もまだVivitarの中に未現像のフィルムが残っているので早く撮りきって現像しないと(晴天の昼間になかなか撮影に行けないジレンマw)

 

 

Loveトイカメラ 大人気ワイドレンズカメラ付き! (e-MOOK)

Loveトイカメラ 大人気ワイドレンズカメラ付き! (e-MOOK)

 
街の人気写真店 ポパイカメラが教える トイカメラのレッスン

街の人気写真店 ポパイカメラが教える トイカメラのレッスン

 

 

*1:このへんの考え方がトイカメラライク?

2月に読んだ本・雑誌・漫画

<ぱらのま/Kashmir

とある成人女性が気の向くまま鉄道一人旅に出るお話。実際の路線が登場するので鉄道漫画の部類で良いと思うのだが、とかくこれまでの鉄道漫画では鉄道オタクが圧倒的な専門知識を披露するという感じのものが多かった印象なんだけど、この漫画は主人公自身それなりに鉄道知識はあるように見受けられるものの、それをことさら前面に押し出さず旅情と一人旅の気ままさを表現しているのが好感。

 

ネット上でも高評価を見かけたし、なかなかの良作なのではないかと

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

ぱらのま 1 (楽園コミックス)

 

 

 

青春鉄道2017年度版/青春>

鉄道路線を擬人化した漫画。

作品の存在自体は知っていたんだけど、書店で偶然見かけたので購入してみたら既刊が結構出てたのね。

で、読んでみるといかんせん関東のそれも私鉄路線のネタが多くて私はそっち方面に馴染みが薄いのでちょっとよく分からんかったなぁ。

西武とか東武とか路線詳しく知らないもの

青春鉄道 2017年度版 (MFコミックス ジーンシリーズ)

青春鉄道 2017年度版 (MFコミックス ジーンシリーズ)

 

 

<幸せのマチ・岩岡ヒサエ

岩岡ヒサエの作品を読むのは何気に初めて。

多少のファンタジー風味はあるものの、お互いの気持ちを素直に出せない男女のほんのり恋愛模様のような手堅い作品。

1巻完結のようだけど、もう少し長く読みたかったかな

幸せのマチ (Nemuki+コミックス)

幸せのマチ (Nemuki+コミックス)

 

 

 

<伊豆漫玉日記・桜玉吉

伊豆の山の中に越した作者の生活を描いたエッセイ漫画なんだけど、その前に済んでいた漫画喫茶での生活も時折挿入されて目線が安定しない。

両エピソード入れるにしても前半と後半とかで分けて欲しかったところ。

内容自体はいつも通り手堅く気楽に読めるものなのですが・・・。

伊豆漫玉日記 (ビームコミックス)

伊豆漫玉日記 (ビームコミックス)

 

 

 

<ケトルVOL.34>

特集は「攻めてるEテレが大好き」。

我が家は相方を筆頭にEテレ大好きなのでこういう特集は嬉しい。

のっぽさんわくわくさんタノチーミーのインタビューアンケート3連発からきょうの料理伝説回*1の振りかえり、ねほりんぱほりんの特集と、ケトルらしい特集群で読みごたえたっぷり

 

 

*1:塩むすびの作り方に15分とか平野レミさんのブロッコリーステーキとか

京都タワー、上から見るか下から見るか(下から編)

前回、京都タワーにのぼった記事を書いたのですが、その数日後ふたたび京都駅の隣の某家電量販店に行く用事がありました。

305f.hateblo.jp

 

 

前回同様屋上駐車場に停めて、1枚パチリ*1

f:id:n_m_res:20170208140224j:plain

 

 

 今日は1眼レフに望遠も持ってきてました。

f:id:n_m_res:20170208140231j:plain

 

 

用事を済ませて、そのまま帰るのも勿体無いので少し周辺を歩いてみます。

真下から見ると遊園地なんかにたまにある、クルクル回りながらのぼっていく展望塔みたいな趣がありますな。

f:id:n_m_res:20170208140236j:plain

 

 

 

f:id:n_m_res:20170208140243j:plain

 

 

あんまり京都駅まわりで夜遊びした事ないけれど、気になるお店もチラホラ。

f:id:n_m_res:20170208140247j:plain

 

 

雀荘のある通り。

f:id:n_m_res:20170208140250j:plain

 

 

この看板のネオンの配色がたまらないです(この感覚わかるかなぁ)。

f:id:n_m_res:20170208140300j:plain

 

 

日も暮れてきて、タワーに灯がともりました。

f:id:n_m_res:20170208140318j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170208140322j:plain

 

 

最後に望遠で1枚。

UFOっぽくもあります。

f:id:n_m_res:20170208140326j:plain

 

 

そんな感じで、地元にいると逆に見過ごしがちな京都タワーに注目してブラブラしました

*1:コンデジだからこんなシャッター音鳴らないんですけどね

京都タワー、上から見るか下から見るか(上から編)

京都 写真
先日、京都の駅前にある某家電量販店に行きました。
売場の上の階にある駐車場は満車で、初めて屋上駐車場に停める事になったのですが、すぐ隣にある京都タワーが遮るものなく目の前に聳え立って見えるのですね。

f:id:n_m_res:20170208135849j:plain

 

買物に出かけただけだったのですが、こういう時でもコンデジなら常時携帯しているのでササッと1枚撮影。
ゆっても駐車場なので三脚を立てる訳にいかないので、まあこれはこんなものかな、と。
 
そんな感じで買物に向かった訳なのですが、お目当ての物を購入して昼食を食べた所で家に帰るにはまだ時間が早かったので、なんでかその場のノリで「京都タワーにのぼろう」という話に。
 
聞けば他県出身の相方は修学旅行で2度も京都に来た事がある*1のにも関わらずのぼった事がないそうで*2、じゃあ一回のぼってみましょうかと。
さっきは下からタワーを眺めたから上から眺めるのもまた一興ではないですか。
 
 
京都タワー、かくいう私ものぼるの何年ぶりだろ?
確か10年近く前にこれまた友人(男・それも10歳くらい年上のおじさま)と京都駅で会う約束があって、その時もその場のノリでのぼったっけ。
その前は幼少期かな。
地元民なんてそんなもの(笑)。
 
小さい頃、今の京都駅ビルができる前は大阪方面におでかけして京都に帰ってくると、駅のホームから夜空に真っ赤に光る京都タワーが見えたもので、それが子供心になんだか怖かったイメージがあります。
なんか赤く光る巨大な塔って怖くない?
 
個人的な話ですけど、同じような感覚は、高校の頃初めて乗ったムーンライトながら・・・じゃない、当時はまだ全席自由席の大垣夜行でふと目が覚めた夜明け直後の大船駅で見た大船観音の巨大さにも通じるというか・・・。
大船の駅前にあんな巨大な観音像があるとか知らなかったので、寝起きでいきなり目の前にあれが飛び込んできた衝撃といったら今でも忘れがたく。
 
話が逸れましたが京都タワー
ちょっとこの記事を書くために公式サイトを覗いてみました。
設計は山田守という、有名なところでは日本武道館を手がけたのと同じ方の設計で、鉄骨を使わないモノコック構造という造りだそうで、無鉄骨建築としては世界一の高さだそう。
そしてあの独特な外観は、よく京都だからローソクの形を模してると言われますがそうではなく海の無い京都の街を照らす灯台をイメージしているそう。
地下に大浴場があるのも有名で、朝は7時から営業しているので深夜バスなどで朝京都に到着した旅人が汗を流すのに重宝されています。


 

そんな京都タワーにいよいよのぼります。

タワーの下部分はデパートやホテルになっていて、1階は名店街として昭和な「ザ・土産物屋」な感じで京都土産などを売っていた記憶があるのですが、この時はなんだか改装しているようで入れず。

 

 

エレベーターで上に上がります。

エレベーター内のこういうステンレスの表示板、開業当時は近未来を意識してたんじゃないかなーと思ったんですけれど相方には同意を得られず。

f:id:n_m_res:20170208135907j:plain

 

 

エレベーター内も京都っぽい(←感想が雑)。

f:id:n_m_res:20170208135916j:plain

 

 

前述のように鉄骨を使っていないのでタワー部分は外が見えない構造。

東京タワーなんかはエレベーター内から外が見えて、だんだん自分の目線が上っていくのが分かった記憶があるのですが、京都タワーの場合エレベーターの扉が開くといきなり空中の世界に飛び出す感覚があり、それはそれでいいものだと今回感じました。

 

 

北方向、向こうに伸びる烏丸通と眼下に見えるのは東本願寺

f:id:n_m_res:20170208135925j:plain

 

 

南側、京都駅のタクシーロータリーかな?

f:id:n_m_res:20170208135931j:plain

 

 

展望台の枠をあえて入れて南を撮影。

写真では白飛びしていますがこの日は天気もよく、大阪平野まで一望。

あべのハルカスも見えました

f:id:n_m_res:20170208135943j:plain

 

 

鳥の目になった気分で真下を撮影。

さきほど車を停めた駐車場です。

ちなみにワタクシ、高所恐怖症でございます。

f:id:n_m_res:20170208135954j:plain

 

 

京都タワー、近年改装されて内部が綺麗になったとはいえ、まだまだ現役メダリオン

f:id:n_m_res:20170208135959j:plain

 

 

展望台の景色を満喫して下に降りてきました。

タワー部分と下部のビル部分の間で一度エレベーターを乗り継ぐのですが、そこから見えたビル屋上の排気口かな。

こういうウネウネしたのが好き

f:id:n_m_res:20170208140011j:plain

 

 

このタワー下部部分には昔ちょっとしたお化け屋敷がありまして、タワーに上ると半強制的に中を通らないといけないんじゃなかったかな?

いまから思えばショボい(失礼)お化け屋敷だったんだろうけど子供にとっては嫌だったなぁ。

昔からの京都人には「京都タワー=お化け屋敷」という印象の方も多いのか、翌日子供が保育園の先生に昨日京都タワーのぼったよと伝えた際の先生の第一声が「お化け屋敷ってまだあるの?」でしたもの(苦笑)。

 

 

という訳でビル内のエレベーターもまだ昭和の名残がかろうじて

f:id:n_m_res:20170208140026j:plain

 

 

一方、エレベーター内のイラストは、イルカが跳ねてるんで近年描き変えられたのかな?

f:id:n_m_res:20170208140030j:plain

 

 

こんな感じで、たまには「エエやん近場のベタ観光*3」もなかなかよいものでした

 

 

 

ケトル Vol.12  2013年4月発売号 [雑誌]

ケトル Vol.12 2013年4月発売号 [雑誌]

 

 

 

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

ライカと歩く京都 (京都しあわせ倶楽部)

 

 

*1:小中高3度の内2度が京都ってのもちょっとかわいそうな気がしないでもない

*2:そもそもイマドキの修学旅行生って京都タワーなんかのぼらないんだろうか?

*3:数年前の地元情報誌Meetsの特集タイトル