読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都右往左往

京都で彷徨っている

松月さんのみかんどら焼と寿太郎のはなし

前回の記事で徘徊した沼津内浦。
 
こちらに和洋菓子松月さんというお菓子屋さんがあります。
このお店もアニメに登場した事で聖地化、連日多くのファンが訪れてるそう。

f:id:n_m_res:20170111132644j:plain

 
 
 
そんな松月さん、最初通りがかった時は店の外まで行列ができていて入店を諦めたのですが、散策して引き返してくると店内に数人のお客さんがいる程度になっていたので入ってみました。
 
入ってみると、先客のアニメファンの方とお店の方が談笑中。
聞こえたところによると、どうもこのお客さんもリピーターのようで。
本当にアニメでこの地を知って訪れた方で、リピーターになって下さる方が多いというのはチラホラ聞いていましたが、本当なんだなあ、と。
 
実際風景と町に流れる空気感はリピートしたくなる気持ち分かりますし、お店の方やその他地元の方の応対ぶりなどを見ていると、最初アニメを知らなかった皆さんも一緒になって盛り上げようという気持ちが伝わってきて有難いなぁ、という気になります。
 
 
さて、肝心の松月さんですが、ショーケースの中には美味しそうなケーキやどら焼きが並びますが、ここは名物のみかんどら焼を。
 
店内にはイートインスペースもあって、ショーケース内のケーキなどを選んで食べる事もできましたが、なにせ義実家に帰る時間が迫っていたので持ち帰りにしてのちほど頂きました。

f:id:n_m_res:20170116113639j:plain

黒澤ルビィ役降幡愛さん、プライベート(?)で訪れられたよう。絵が上手で達筆ですね 

 

 

f:id:n_m_res:20170116113648j:plain

 店内の交流スペース
 
 
こちらがみかんどら焼。

f:id:n_m_res:20170116113235j:plain

 

 

開封すると思いがけず寿太郎の焼印が。

f:id:n_m_res:20170116113315j:plain

 

 

寿太郎というのはこのあたりで生産されるみかんの品種なのですが、この寿太郎の加工品なんかにはこのマークが使われているので、伊豆地方にゆかりがある方なら割と身近に感じるのではないかな?というこの絵柄。

ちなみにこの寿太郎みかんの生みの親である山田寿太郎さんが亡くなられたのが昨年ニュースにもなっていたのも記憶に新しいところ。
 
アニメ第一話で、この寿太郎マークの描かれたミカン箱の上に登場人物が乗るというシーンが出てきた時にこのアニメが上っ面ではなくちゃんと地元の事を綿密に取材して舞台にする気があるんだなぁ、と思ったものですし、アニメコラボでUHA味覚糖さんがのど飴を出した時もただの「みかん味」ではなく「寿太郎みかん果汁入り」としっかり寿太郎を推してくれました。
(そういう意味ではペットボトルにアニメラベルをつけたミネラルウォーターを発売した時も、何処か適当な採水地から水を汲んでラベル貼ったら売れるだろうものを(←暴言)、ちゃんと沼津のお隣長泉町で採水した水を使ったりと、抜かりが無く有難い限り)
そういえば松月さんのショーケースの傍らに寿太郎のマーマーレードが売っていたのでこちらも購入しました。
これは以前にも食べた事があって美味しかったので。

f:id:n_m_res:20170117133645j:plain

 
 
さて、話が逸れましたが肝心のみかんどら焼。
白餡にみかん果汁を足してあるのでしょうか?みかんの爽やかな風味が口いっぱいに広がると共に、皮がふわふわで美味しいのも特筆すべき点。
手焼きの為に大量生産ができないという話ですが、それだけの手間をかけただけの美味しさです。
 
いや、これアニメの聖地だからというの関係なしに帰省の度に土産に買って帰ってもいいくらい美味しい。
みかんパウンドというのも名物だそうで、次回はそちらも試してみたいところ。
 

 

みかん 苗 寿太郎みかん 2年生 接ぎ木 苗

みかん 苗 寿太郎みかん 2年生 接ぎ木 苗

 

 

正月の沼津内浦を徘徊する

年が明けて10日以上も経ってしまいましたが、本年初更新です。

今年も相変わらずの遅筆でお届けしてまいります。
 
という訳で正月気分もとうの昔に過ぎ去ったここ数日ですが、今更に正月休みに帰省した際の写真です。
いいんです、まだ年末に撮った写真も記事書いてないやつあるくらいなんで、開き直っていきましょう。
 
 
 
 
正月は毎年恒例で、相方の実家に帰省しておりました。
帰省先は静岡県は伊豆半島の某市。
 
まあ、正月の帰省、それも義理の実家なんていうと私なんかは自由に使える時間もそんなに無いのですが、今回は2時間ほど時間が取れたので近場にちょっと行ってみました。
 
向かった先は沼津市の内浦という場所。
義実家から車で30分程でお気軽に海と富士山が望めるという事でこの土地を選んだのですが、もう一方で昨年アニメ「ラブライブサンシャイン」の舞台に選ばれ、聖地探訪の方でエラい賑わっていると話題の場所でもあります。
 
まあね、そもそも相方がμ’sからのラブライブファンでして、それに連られて私もアニメを見ていたものでね。
 
ええ、聖地探訪ですよ。
義実家から30分・・・なんて身近なところに聖地がやってきたのだろう(笑)。
 
 
 
向かったのは1月2日。
このあたり、車で行くと停める所がなかなかないのですが、今回は短時間という事もあり伊豆・三津シーパラダイスさんの立体駐車場に停めさせていただきました。
1日500円。

f:id:n_m_res:20170111132547j:plain

 

 

駐車場の屋上階からは内浦湾越しの富士山という絶景。
この日は天気が本当に良くて、短時間の滞在でしたがこの風景を見れただけでも満足度高いです。
静岡になんだかんだと通って20年くらいになるのですが、いまだに綺麗な富士山を見ると新鮮な感動がありますな。
ちなみに富士山の手前に見える存在感のある島は淡島。
淡島マリンパークという、船で行かないといけない水族館や淡島ホテルというアニメ作中にホテルオハラのモデルとして登場したホテルもあり聖地化しています。
なんといってもこの前日はアニメ人気にあやかって初の年越し営業が行われたそうで、いやあ特需ですな(有難い*1)。

f:id:n_m_res:20170111132854j:plain

 

伊豆三津シーパラダイス、略して「みとしー」は地元に愛される水族館で、以前から機会があれば帰省の際に子供を連れて来ようと思っていたところでもあるのですが、まさかこんな形で初訪問する事になろうとは。
 
ところで水族館といえば、みとしーから北に1キロほどのところにも前述の淡島マリンパークがあり、更に北に数キロも走って沼津港に行けば深海水族館もあるという、なんでこんな至近距離に3つも水族館があるんだ、という話を以前から夫婦でしていたら、ラブライブサンシャインのドラマCD内でも同様のツッコミが入っておりました(苦笑)。
 
まあ、子連れ家族にはいい場所ですよね伊豆。
前述のように沼津市内に水族館が3つあって、反対に東伊豆に出れば伊豆シャボテン動物公園*2やらアニマルキングダムやらと、動物園もこれまた点在。

 

 

さて、そんなみとしーの駐車場を出ると、いきなり駐車してある痛バイクの集団や走り去る痛車に遭遇。
思わず反射的にシャッターを切ってしまいましたが。

f:id:n_m_res:20170111132549j:plain

 

 

そんなみとしーの駐車場から歩いてすぐの所にあるのが三津海水浴場。

さっきから普通に三津と書いていますが、これで「みと」と読みます。

f:id:n_m_res:20170111132554j:plain

 

 

海に来るとローアングルで撮りたくなるのは昔からの癖なので悪しからず。

写真で伝わるでしょうか?とにかく水が綺麗でした。

f:id:n_m_res:20170111132559j:plain

 

 

海岸にカモメが多かったのが印象的。

f:id:n_m_res:20170111132604j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170111132611j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170111132632j:plain

 

 

f:id:n_m_res:20170111132636j:plain

 

 

海水浴場から振り返ると、いかにも海辺の街にありそうな観光旅館。

普通に街並みとして写真を撮り歩きたくなる場所でした。

f:id:n_m_res:20170111132640j:plain

 

 

小さな小さな海水浴場を後に、歩き出します。
するとほどなく現れるのがこちら、「和洋菓子松月」さん。
こちらも作中に登場した事で聖地化した場所で、この日もお正月から大賑わい。
こちらのお店に関しては別エントリーを書く予定・・・。

f:id:n_m_res:20170111132644j:plain

 

 

こちらも海水浴場の近くにありがちな観光旅館。

懐かしさを感じます。

・・・おや、店の入口に駄天した人が見えますが、この界隈の旅館でアニメとコラボしたスタンプラリーをやっておられて、その案内で各旅館の前にアニメキャラのパネルが設置してあるようでした。

f:id:n_m_res:20170111132700j:plain

 

 

道を渡り、海のほうへ出るとそこは小さな漁港。

お正月の漁港というのは初めて来ました。

やはり縁起を担ぐお仕事だからでしょうか、漁船も正月ならではの光景です。f:id:n_m_res:20170111132705j:plain

 

 

こちらにもカモメ多し。

f:id:n_m_res:20170111132713j:plain

 

 

釣り客目当てのお店でしょうか。

f:id:n_m_res:20170111132718j:plain

 

 

海辺のバス停ってなんだか好き。

f:id:n_m_res:20170111132725j:plain

 

 

たいした距離も歩いてないけどここらで早くも時間切れ。

同じ道を帰るのもつまらないので裏道に入ったら、今年初にゃんこに遭遇。

通り過ぎるまでずっと目線を外さない子でした。

f:id:n_m_res:20170111132735j:plain

 

 

裏道はあっという間に表通りに合流してしまいました。

こちらのセブンイレブンも作中に登場して聖地化。

田舎のなんでもないコンビニなのに、人も車も多い多い。

f:id:n_m_res:20170111132740j:plain

 

 

こちらの旅館にもパネルが飾ってありました。

f:id:n_m_res:20170111132748j:plain

 

 

 

 そんな感じで、この日は小一時間程の滞在だったのですが・・・。

 翌3日、この日は京都に帰る日でしたが、帰路に寄り道して今度は家族みんなでまた内浦へ。

帰るルートを少し逸れればたどり着くという、私得な立地(笑)。

 

 

この日もカモメが沢山。

f:id:n_m_res:20170111132756j:plain

 

 

相変わらず波打ち際はローアングルで撮影。

f:id:n_m_res:20170111132800j:plain

 

 

この日も海が綺麗。

聖地探訪をきっかけに、この土地が気に入って移住を決めた方もいると聞きましたが分かる気もする。

私も既にまた行きたいもん(次はGWかな)。

f:id:n_m_res:20170111132809j:plain

 

 

静かな湾内、手漕ぎボートで出港する釣り人の姿も。

f:id:n_m_res:20170111132813j:plain

 

 

海水浴場から振り返ると、劇中に登場する安田屋旅館さん。

そこから伊豆箱根タクシーさんのアニメコラボタクシーが丁度出発するところ。

劇中でこの旅館が自宅という設定のキャラ(高海千歌ちゃん)のタクシーを呼ぶあたりなかなかですな。

f:id:n_m_res:20170111132821j:plain

 

 

こちらは海水浴場の隣にある松濤館さん。

早期予約でも1泊2万円くらいから(通常は3~4万円くらいするのかな?)のなかなか立派で歴史のある旅館ですが、こちらも玄関先で黒澤ダイヤさんがお見送りですわ。

f:id:n_m_res:20170111132826j:plain

 

 

そんな感じで駆け足の沼津内浦三津訪問でした。

f:id:n_m_res:20170111132839j:plain

 

 

帰りの車中、この帰省で見かけた色々な盛り上がりを話しながら帰ってきた訳ですが、行政が積極的に前に出ず地元の人・企業が中心となって盛り上げているのが印象に残ったし、アニメコラボの地域振興においてはそれが成功の鍵のひとつだと前々から個人的には思っているので、いい感じになっているなぁと思いました。

 

なんといっても自分たちにとって身近で、そしてそんなに賑わうでもなかった(ある意味)地方の小都市である沼津界隈がこうやって盛り上がっているのは本当に有難い事です。

 

という訳で、また帰省の折に触れて訪れたいと思いました。

うん、普通に風景がいいし、流れる空気が(あんなにアニメファンが押し寄せているにも関わらず)静かで長閑なんだ。

とりあえず淡島とみとしーに子供連れて行かないと

 

 

 

 

 

*1:地元民目線

*2:シャボテン公園から最近改名。確かにここの魅力は動物にあり、柵の無い飼育で園内のそこらを動物がウロウロしている光景はちょっとしたもの

12月に読んだ本・雑誌・漫画 と、暮れの挨拶

 はい、今月も年末の仕事やら子供の体調不良なんかで全然読めてないですよ。

で、年始に鎌倉に撮影に行く予定で積んであった鎌倉本を2冊読んだけどその予定が無くなったっていうね(苦笑)

 

ジョージ・カックルの鎌倉ガイド

ジョージ・カックルの鎌倉ガイド

 

 

鎌倉生まれ、鎌倉在住のラジオパーソナリティが、自らの住む街鎌倉を紹介した本。
基本的に筆者の行きつけの店やお気に入りの場所を紹介する訳だが、結局ご当地ガイドってのはその土地に住む人が書く生活に根ざしたガイドに勝るものはないという事。JR鎌倉駅の加藤売店を紹介したガイド本はなかなかないんじゃないかな、と。
私自身鎌倉関係の本は既に沢山持っているけれど、その中でもお気に入りの一冊になった

 

 

鎌倉 のんで、たべる。

鎌倉 のんで、たべる。

 

 

こちらは鎌倉在住のライターさんの書いた鎌倉ガイド。
前述の本と違ってこちらは飲食店案内に特化しているんだけれど、同じく地元に根ざした店の紹介が多いのが特徴。
そして写真が今や料理写真といえばこの人、と言っても過言ではない長野陽一さんなので、とにかく見ていてお腹が空いてくる。
 

 

 

 

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 

 

遅めのクリスマスプレゼントと言う事で夫婦で折半して買ってみた。

とにかくデカくて重いんだ。

内容はそりゃもう充実していて、完成稿になるまでに初期プロットからどういう変遷があったのかとか、大量の資料画像・写真とか、それな何といっても庵野秀明総監督のロングインタビューとか、読み応えたっぷりで、値段以上の価値はあって買って満足なんだけど、だからこそ個人的には造本を分冊化するなりしてもう少し読みやすくしてくれた方が有難かったかなぁ、という気がしないでもない。

 

 

 

 

そんな感じで当ブログ年内の更新はこれにておしまい。

今年の正月に思いつきで初めて何とか一年続ける事ができました。

来年も相変わらすのスローペースの更新ですがお付き合いいただければ幸いです。

 

 

さて、年越しは恒例の相方実家への帰省でのんびり。

スマホでしかもガラス越しの撮影ですが、今日の秀麗な富士とともに、
f:id:n_m_res:20161231211448j:image
皆様良いお年を

 

クリスマスの京都を徘徊する

皆様、メリークリスマスです。

クリスマス、ウチの夫婦は例年なんだかんだとお互いにプレゼントを用意していたりするのだけど、今年はもうこれを折半で買おうという事でお互い手を打った(笑)。
ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

 

 


あと、特典映像が沼津のお散歩だという事なのでこちらも折半で。

 

そんなクリスマス、メインはやはり子供なのでサンタさん的な用事をする為に河原町あたりへ出た時に、いつものようにウロウロしながら写真を撮ったのだけど、クリスマスっぽい写真は25日過ぎてからブログに書いても時期を逸した感があるのでそれだけ取り急ぎほぼjpeg撮って出しで。

 

他の写真と、先日少し撮った霧で覆われた大津の街の写真は年末の忙しさでゆっくりRAW現像している時間がないのでまた今度・・・。

 

 

御池通地下の市営駐車場に車を停めて、ゼスト御池に上るとクリスマスなのでサンタがツリーの中から現れていた。

子供にしてみたらちょっとしたドッキリ感だし、中に人の入ったツリーが地下街を子供を捜して動き回る光景はなかなかシュール。

f:id:n_m_res:20161224153906j:plain

 

 

お菓子屋の店先で客を呼び込むサンタ

f:id:n_m_res:20161224153910j:plain

 

 

前から見ると立ち飲み屋のカウンターで一杯ひっかけてるような風にも見える。

もしくは関口宏か愛川欣也か。

f:id:n_m_res:20161224153917j:plain

 

 

河原町通のアーケード装飾の逆さ吊り感。

f:id:n_m_res:20161224153921j:plain

 

 

おそばを中心とした昔ながらの和食屋さんかな。

f:id:n_m_res:20161224153927j:plain

 

 

なにもそこまでしてクリスマス感出さなくてもいい気はする。

関西では泣く子も黙る魔法のレストランのステッカーが貼ってある事から味は確かな物なのでしょう。

f:id:n_m_res:20161224153932j:plain

 

 

ゼスト御池に戻ってきた。

生身のサンタがいない時はこうなってるのね。

f:id:n_m_res:20161224153941j:plain

 

そんな感じで、クリスマスというのにいつもながらロマンチックな光景よりもこういう写真ばっかり撮ってる・・・

大阪梅田を徘徊する

先日、大阪の梅田ロフトに用事があったので、ついでにカメラを持って小一時間ほど周辺を歩いた。

 

JRで大阪駅に着いて、改札の外に出るといい感じで構内を行き交う人を撮れそうな場所があったのでシャッターを切る。 

f:id:n_m_res:20161221135311j:plain

・・・なんだか目線を感じるな(苦笑)。

こういう違和感を感じる写真というのは嫌いではない。

 

 

THIS WAY!

多分矢印の下に書いてあるのが店の名前で、店はこっちだよと指し示しているのだろうが、我々水曜どうでしょう馬鹿にしてみればこんなもの見たら「This wayねえって!wayが」と、うれしーの声*1しか脳内に響かないのである。

f:id:n_m_res:20161221135317j:plain

 

 

御堂筋口の北側から歩道橋を渡って梅田方面へ。

車も人もいつもどおりの混雑。

f:id:n_m_res:20161221135321j:plain

 

 

最近、路上の落書きにカメラを向けるようになった。

落書きはもちろんいけない事なんだけれど、いざ書かれてしまうと画になる場合もあるのでそうなるとカメラを向けざるをえない。

f:id:n_m_res:20161221135332j:plain

f:id:n_m_res:20161221135339j:plain

f:id:n_m_res:20161221135346j:plain

 

 

再開発で近代的な商業ビルが新たに乱立する一画にしつこく頑張る古い家屋。

なのだが、側面のこの雰囲気に似つかわしくないファンシーな壁画はなんなのだろう?

これもある意味私の好きな違和感のある光景かな、と。

f:id:n_m_res:20161221135351j:plain

 

 

道の奥に阪急電車が横切る光景。

阪急は関西私鉄の中でも比較的高級感を感じるイメージがあるのだけど、雑然とした風景にも溶け込むのは見事なもの。

f:id:n_m_res:20161221135357j:plain

 

都会の中に突如現れるジャングル。

ここは花屋なんだけれど、それにしたって生い茂りすぎではないか。

中はとてもお洒落なフラワーショップflorist mary

f:id:n_m_res:20161221141918j:plain

 

 

ジャングルの通りを進むと、大阪の中に突如現れる飛び出し坊や0系*2

ここは滋賀かと思う光景。

というより、ここは交差点ではないから坊やが飛び出てくる事はまず考えられない。

それでも交通安全、大事。

f:id:n_m_res:20161221135405j:plain

 

 

阪急の高架下をくぐり、今までいた茶屋町から芝田方面へ向かう。

高架下には隣り合って2軒並んだ同じような喫茶店。

カフェではなく喫茶。

f:id:n_m_res:20161221135413j:plain

 

 

店の前にある煙草の自販機がここは喫茶店だぞ、と主張しているようにも見える

f:id:n_m_res:20161221135417j:plain

 

 

ビルの中を通り抜ける事ができる道が好き。

f:id:n_m_res:20161221135422j:plain

 

 

 阪急の高架と新御堂に挟まれた筋は、そこだけエアポケットのように静かな道。

都会の中のこういう空間が好き。

f:id:n_m_res:20161221135429j:plain

 

 

ラーメン屋の裏口からは猛烈な豚骨臭。

f:id:n_m_res:20161221135435j:plain

 

 

ほんのひとときの散歩を終えて大阪駅に戻ってきた。

大阪駅もじっくり撮り歩きたい場所。

数年前に綺麗になった駅舎そのもの、北側の近代的なグランフロント一体、南側の歩道橋とその周辺の眺め・・・。

撮りたい場所は枚挙に暇ない。

f:id:n_m_res:20161221135441j:plain

 

 

高架の上から新大阪方面を撮影。

ここでも気になるぴちょんくん

望遠レンズで線路だけを切り取るなり、レンズを下に向けてぴちょんくんを写らないようにすることもできるけれど、ここはあえて違和感を楽しんだ。

雨に濡れた鉄道車両の屋根に色気を感じる。

f:id:n_m_res:20161221135447j:plain

 

 

ホームに降りてもこの存在感(苦笑)。

f:id:n_m_res:20161221135452j:plain

 

 

 

*1:水曜どうでしょうマレーシアジャングル探検の洞窟のシーンより

*2:0系の名付け親はみうらじゅんらしいと聞いて無条件に腑に落ちる不思議

京都祇園を徘徊する

2回に分けて祇園花見小路界隈のお店を訪問した記事を載せたけれど、せっかく普段あんまり行かないところに行くのでカメラも持って少し散歩してきた。

305f.hateblo.jp

 

305f.hateblo.jp

 


仕事で外出したついでだったので、身軽にコンデジで撮影。
以下、徘徊記

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 ※使用カメラはこちら

 

 

円山公園の地下にある市営駐車場に車を停め、歩行者出口を出るとそこは緑溢れる円山公園

そこから、すぐ隣接する・・・というか境界が何処なのかよく分からない八坂神社の境内に入る。

屋台から漂う美味しそうな匂いに後ろ髪をひかれつつ、西楼門を出ると、そこが祇園石段下の交差点。

ふと見上げると雑居ビルの上に多数のテレビアンテナ。

なんとなく抜けた青空にこういうアンテナの風景ってカメラを向けたくなるのは、なんとなく昭和を感じてしまうからだろうか。

f:id:n_m_res:20161214164840j:plain

 

観光客がみんな振り返って八坂神社に向かってカメラを向ける中、一人道の方にカメラを向ける。

毎年7月の祇園祭の夜、ここには3基の神輿ともの凄い数の担ぎ手が集結し、熱気に包まれる。

f:id:n_m_res:20161214164844j:plain

 

祇園石段下のローソン。

ローソンに限らず、チェーン店の看板は全国に展開するカラーリングと違い、ここ京都の観光地では周囲の風景に馴染むようシックな色合いに変更されているというのは有名な話。

f:id:n_m_res:20161214164849j:plain

 

四条通を西に向かい、花見小路を南へ。

外国人観光客が多いのはいつもの通り。

f:id:n_m_res:20161214164854j:plain

 

 花見小路の南側を望む。平日だからまだ歩く人は少なめ。

これが土日になると、観光客に加えこの先にある場外馬券場に向かう人とタクシーがひっきりなしに行きかい混沌の極み。

f:id:n_m_res:20161214164900j:plain

 

 しかし、東西に直交する通りはこの静けさ。

この写真、人で賑わう花見小路から撮っているのに体を90°曲げただけで賑わいが一変するのが面白い。

f:id:n_m_res:20161214164910j:plain

 

勿論静かなほうへ足を進める。

京都の街を歩いていると、そこかしこでこのような小さな鳥居に出会う。

一説には立ち小便避けとも言われているが、この鳥居なんかはかなり年季が入っているように見受けられた。

f:id:n_m_res:20161214164924j:plain

 

とある民家、もしくは店舗のお勝手だろうか。

窓の防犯柵も、こうやって木製のものが並ぶと味わいがある。

f:id:n_m_res:20161214164927j:plain

 

レンタル着物が一般的になってきて、街中で着物姿の若い方をよく見かけるようになった。

京都のいけずの代名詞みたいに、着こなしが悪かったり着崩れてたりする観光客を京都人が陰口叩く、というエピソードもまことしやかに囁かれるけれど、斜陽な着物産業を次代に受け継ぐには時代に即して「まず着て貰う」事が大切なんじゃないかな、と思ったり。

f:id:n_m_res:20161214164933j:plain

 

正面に見える大きな建物は弥栄(やさか)会館。

中にあるギオンコーナーというところで一見の観光客や修学旅行生でも舞妓さんの舞をはじめ、京都の伝統芸能を鑑賞する事ができる。

京都祇園・弥栄会館 ギオンコーナー オフィシャルサイト

その北側、この路地から弥栄会館を眺めるのが何故か以前から好きで、この路地に来る度に飽きもせず同じ角度で写真を撮っている気がするな。

f:id:n_m_res:20161214164937j:plain

 

2枚前の写真にも看板がチラッと写っていたけれど、キヌ美粧院。

場所柄、舞妓さん芸妓さんの髪を結うところだという事は想像に難くない。

奥にチラッと見えるパーマの機械(正式には何というんだろう?)も昔ながらの味わい。

f:id:n_m_res:20161214164943j:plain

 

振り返って北側を望む。

しつこく書くけど、1本裏に入っただけでこれだけ静かな雰囲気になるというのがなんともいい。

f:id:n_m_res:20161214164950j:plain

 

同じ路地をもう少し南に進んで丁字路に突き当たる。

f:id:n_m_res:20161214164956j:plain

 

その丁字路を左に曲がって見える風景。

奥に見えるのは東山連峰。

位置関係的には、ちょうど真正面の山の上が将軍塚になるようである。

f:id:n_m_res:20161214165004j:plain

 

八坂神社まで戻ってきた。

西楼門の中から外を向いて四条通を撮った写真。

八坂神社といえば、この西楼門が各媒体メインの写真として掲載される事が多くてこれが正門と思われている方も多いようだが、正式には南側にある南楼門が正門の扱い。

その証拠に、四条通を見渡しても神社につきものの鳥居は見当たらない。

鳥居は南楼門の前にあるし、祇園祭の神輿も南楼門から境内に入る。

f:id:n_m_res:20161214165016j:plain

 

西楼門の脇から四条通を撮影。

この時期、夕方の光はいい色合いになる。

f:id:n_m_res:20161214165022j:plain

 

 

そんな感じで買い物ついでのちょっとした散歩。

歩いたルートを見てみると、1キロにも満たなくて物足りないくらい。

f:id:n_m_res:20161214165429j:plain

 

ザ・観光地なんだけれど、裏路地を丹念に歩き回って写真を撮るなら半日でも一日でもいれる気がした

京都祇園のぎをんさかいで絶品ケーキをいただく

先日、相方の誕生日に祇園へチョコレートを買いに行った訳ですが、ケーキはどうしようかというところで、以前食べて甘い物がそんなに得意ではない家族にも好評だったアンリシャルパンティエのカランデールにしようかとも思ったのですが、サイズ的に夫婦+幼児一人ではサイズ的にちょっともてあますなと。

このケーキ、カレンダーの形式になっていて指定の日の部分だけ色が変わっているという記念日に最適なケーキなんですが・・・。

www.henri-charpentier.com

 

 

で、どうせ祇園に行くんだから近場で何かいいお店ないかな、とgoogleマップ祇園あたりを表示して検索窓に「洋菓子」と入力して出てきたのがこちら、「ぎをんさかい」さん。

gion-sakai.com


「ぎおん」ではなく「ぎをん」と表記するあたり個人的に好きな感じなのですが、ネットでメニューなどを見るとこれは相方好みの味そう、という事で行ってみました。


花見小路に面したお店は、外から見ると一見洋菓子店とは分からないような造り。
暖簾の奥も直接売場が見えない造りになっていて、それが逆に落ち着いた雰囲気を醸しだしていました。

そもそもケーキ屋さんに暖簾をくぐって入るなんて京都っぽい(小並感)。

f:id:n_m_res:20161214144958j:plain


お店の外観、写真を撮ろうとしたけれども歩行者や車がひっきりなしでスッキリ撮れず。
いいかげん花見小路は歩行者天国にでもしたらどうなんだろうと思うんですがどうなんでしょうね?
四条通の歩道拡幅なんてアホな事やるより、こっちの方がみんな喜ぶと思うんだけど。
今の市長さん、Ingressの京都SHONINの太鼓もちスピーチや、錦の鍋祭りだったか日本酒祭りでお見かけした時のホロ酔い加減といい、心象的には嫌いではないんですが交通行政に関してはちょっとアレかなーと思ったり思わなかったり。

 

 

閑話休題
今回購入したのは

季節のタルト(ベリー)

f:id:n_m_res:20161213152220j:plain

 

ピエロ

f:id:n_m_res:20161213152224j:plain

 

シャンパンベリー

f:id:n_m_res:20161213152226j:plain

 

の3点。
季節のケーキということだったので、時期が変わればまたラインナップも変わるのかな。
私はピエロを食べたのですが、グレープフルーツのクリームがカシスのムースで包まれていてさっぱりと戴けました。
周りがチョコレートで巻かれているのも手が込んでますね。

総じて家族にも好評だったので、またちょっと買いに行きたいし、2階にイートインのカフェスペースもあるみたいなので、みんなで食べに行くのもいいかなぁ、と思ったりも。

 


ところでこちらのお店、店内を見ていると京都駅の土産物屋や高速のサービスエリアなどでよく見かける「京ばあむ」という抹茶を使ったバウムクーヘンが売っていて、あれ?と思ったのですが、どうやら京ばあむもこのお店も京銘菓八つ橋の「おたべ」さんが経営母体だそうで。

bijuu.co.jp


八つ橋といえば、数年前から聖護院八ッ橋総本店さんはnikinikiという新展開で若い女性にウケそうなお店を展開されていたりもしますし、このあたり伝統にあぐらをかかず常に新しいことに挑戦するというのは京都の気質っぽいなと思いました。

www.asty-kyoto.co.jp